薄毛改善には有効成分を含む育毛剤が効果を出す

薄毛改善 育毛剤 効果

最近の育毛剤のキャッチコピーを見ていると「その育毛剤を使えば薄毛が簡単に改善できそうだ」とか「ハゲかかっている頭がふさふさの髪の毛で覆われてしまうかも」などと錯覚してしまいそうです。

しかし、よく見てみると「育毛・発毛効果が“期待できる”」「薄毛が改善できる“可能性がある”」「○ヵ月で発毛効果を実感した人も“いるようです”」などと、抽象的な言葉で曖昧な表現が多いことに気がついていている人も多いのではないでしょうか。

せっかくお金と時間を使って、薄毛の改善やハゲの予防をするわけですから、本当に効果のある育毛剤を使わなければ育毛対策の意味がありません。

育毛剤と名の付くものは市場にあふれています。ドラッグストアなどで購入できるほとんどの育毛剤は、血行不良を改善や抜け毛の予防ができればいいほうで、発毛効果はまったくないと断言してもいいくらいです。つまり、使用しても何もかわらない。ということです。

スポンサードリンク

育毛剤は医薬品か医薬部外品以外は使わない

薄毛やハゲに悩んでいる人にとっては、間違いなく育毛・発毛効果がある育毛剤を希望しているわけですから、ドラッグストアで販売しているような育毛剤は論外で、必ず、医薬品か医薬部外品で育毛・発毛効果が認められている成分が配合されている育毛剤を購入することです。

厚生労働省が認めている育毛剤

プロペシアとミノキシジルといえば、厚生労働省が認めている育毛剤です。その中でも、非常に高い発毛率と育毛剤としての知名度は、他を圧倒しています。

しかし、医薬品ということは薬ということです。高い発毛効果の分副作用も存在していますが、毎日、多くの人が使っていることからもおわかりのように、外用薬(飲み薬)なので、1日の使用量さえきちんと守っていれば、副作用も少なく使用できます。

スポンサードリンク

医薬部外品の無添加育毛剤

ネット販売で購入できる育毛剤の大部分は医薬部外品です。医薬品は病院に足を運ばないと手に入れることができませんが、医薬部外品は病院に行く必要もなく手軽に入手することができます。

医薬部外品といっても、髪の毛に効果的な育毛成分は配合されています。もちろん、医薬品ではないので即効性や効果が劣ることは否定できませんが、医薬品のように副作用を心配する必要がないのは大きなメリットではないでしょうか。

医薬品の効果は認めるけれど、どうしても副作用が気になるという人は、医薬部外品の無添加育毛剤がおすすめです。

その育毛剤というのは、チャップアップ(CHAPUP)、BUBKA、WAKA、薬用ポリピュア、M-1育毛ミストです。これらはすべて無添加育毛剤と言われ、天然素材のみを使用しているので頭皮や髪の毛にダメージを与えることは一切ありません。特に、敏感肌の人、肌が弱い人には医薬部外品の育毛剤が最適だと言われています。

  薄毛改善 育毛剤 効果

注目の無添加育毛剤

この中で気になっているのが、M-1育毛ミストとチャップアップ(CHAPUP)です。米国安全試験最高基準合格の実績を持つ100%無添加のM-1育毛ミストは、病気で強い薬を使用している人やステロイドを使用している人でも、何の支障もなく使用できる育毛剤です。
チャップアップ(CHAPUP)は、日本臨床医学発毛協会が最も推奨している育毛剤で、無添加・無香料で頭皮に悪影響を与える成分は一切入っていません。

薄毛改善後も育毛剤は使い続ける

これは実際にあった話です。真上から見るとA字型にはっきりと見えていた薄毛を改善するために、外用薬と内服薬を併用して、半年後、1年後、と順調に髪の毛は伸びて、約2年半後には元の状態の8割程度まで戻ったのです。

「薄毛の改善なんて意外と簡単だったな」と思い、育毛剤の使用を止め、ヘアートニックや普通の育毛剤を使っていたのですが、1年ぐらいで元の薄毛に戻ってしまいました。

結果が出たからといって育毛剤の使用を止めると、元の木阿弥になってしまいます。しかも、約2年半の努力が1年であっけなく終わるのです。

みなさんも、薄毛改善の努力が実を結んでも、育毛剤は使い続けることを忘れないでください。経験者からのアドバイスでした。

薄毛関連の記事はこちらです。

参考にしてください。

薄毛を改善するための対策

スポンサードリンク

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加