薄毛は自分に合った育毛剤で改善する

育毛剤 薄毛 改善

最近の育毛剤の多さには驚きです。次から次へと新製品が発売されているような気がします。しかし、育毛剤というのは、すべて配合されている成分が違っていて、同じものはありません。

育毛剤は抜け毛、薄毛の改善や予防のためのものですが、薄毛ひとつをとっても、さまざまな原因によって引き起こされています。そのため、育毛効果を出すための育毛剤には、大きく分けて次の3つがあります。

それは、男性ホルモンを抑制して抜け毛、薄毛を防ぐ「男性ホルモン抑制型育毛剤」、頭皮の血行を良くして髪の毛の成長を促す「血管拡張型育毛剤」 、毛根に働きかけて育毛を促進する「細胞分裂促進型育毛剤」です。

スポンサードリンク

これが「育毛剤で薄毛を改善する場合は、自分の症状にあったものを選ばないと、効果を実感することはできません」と言われる所以です。では、この3つのタイプの育毛剤の配合されている成分とその特徴を紹介しましょう。

男性ホルモン抑制型育毛剤

AGA(男性型脱毛症)でおなじみの男性ホルモンは、男性の薄毛に対して大きな影響を与えています。男性が中年を過ぎると毛髪の悩みが増えてくるのは、この男性ホルモンの増加が原因なのです。

特に、抜け毛、薄毛に大きな影響を与えるのがテストステロンという男性ホルモンの一種です。このテストステロンと5α-リダクターゼが結合すると、ジヒドロテストステロン(DHT)という強い男性ホルモンがつくられます。

そのジヒドロテストステロン(DHT)が、髪の毛の毛乳頭細胞の受容体に結合すると、髪の毛の成長を阻害し、細くて弱々しく未成長のまま抜け毛となってしまうのです。

この男性ホルモンを抑制する育毛剤に配合されている主な成分が、フィナステリド、ノコギリヤシ、亜鉛などです。

フィナステリド

フィナステリドはプロペシアのことで、現在、AGA(男性型脱毛症)治療薬として最も効果がある内服薬ですが、このプロペシアに含まれている育毛成分がフィナステリドなのです。フィナステリドが含まれている育毛剤は、医師の処方箋がなければ入手できません。

ノコギリヤシ

ノコギリヤシには、フィナステリドと同じ男性ホルモンを抑制する働きがあります。効果が軽微なので身体にやさしく、副作用の恐れがない成分です。

亜鉛

亜鉛はミネラルの一種で、主に、カキ(貝類)などに多く含まれています。1日の摂取量は9mgとされていて、食事だけで摂取することはなかなか難しいと言われています。

しかし、亜鉛が不足すると、タンパク質を大量に摂取しても、髪の毛にはならない と言われるほど重要な栄養素なのです。食事とサプリメントを併行して摂っていきたい栄養素です。

スポンサードリンク

血管拡張型育毛剤

現在、この血管拡張型の育毛剤が主流になっています。頭皮の血行を促進して育毛を促す  のが、この血管拡張型育毛剤の狙いなのです。健やかな髪が生まれ、成長していくためには、頭皮と毛母細胞が十分な酸素と栄養で満たされる必要があります。

そのためには、頭皮への血行をよくすることによって、酸素や栄養を頭皮のすみずみまで届けなければならないのです。

血管拡張型の育毛剤には、さまざまな成分が含まれています。その中でも、ミノキシジル、センブリエキス、セファランチンなどが主な成分です。

ミノキシジル

ミノキシジルは、血管を拡張する作用があり、毛細血管の血流を促進し、毛母細胞を活性化させる、厚生労働省の認可を受けている代表的な育毛成分です。有名なのは、大正製薬が販売している「リアップ」に含まれています。

センブリエキス

センブリエキスは、漢方薬の一種で、血流の改善や毛細血管の拡張に効果があると言われています。また、血行の促進、細胞分裂の活性化、発毛効果などが確認されています。センブリエキスは、育毛成分として厚生労働省の認可を受けています。

エビネランエキス

エビネ蘭という植物から抽出した成分です。エビネランエキスには、育毛に欠かせない保湿作用や皮膚保護作用、抗フケ菌作用、血流促進作用があります。育毛成分として厚生労働省の認可を受けています。

育毛剤 薄毛 改善

細胞分裂促進型育毛剤

毛母細胞は、毛乳頭から栄養分を受けて分裂を繰り返して、髪をつくる細胞です。ところが、何かの原因で毛母細胞へ栄養が届かなくなると、髪の毛を生成することができなくなってしまいます。

この栄養をスムーズに送ることによって毛母細胞を活性化し、成長していく髪の毛にする  というのが細胞分裂促進型育毛剤のテーマなのです。

この細胞分裂促進型の育毛剤に含まれている主な成分としては、ペンタデカン酸グリセリド、チクセツニンジン、パントテニールエチルエーテスなどがあります。

ペンタデカン酸グリセリド

ペンタデカン酸グリセリドは、ヘアサイクルが休止期に入っている毛乳頭や毛母細胞に働きかけ、発毛効果を促します。つまり、休止期を短くして成長期を長くさせる成分で、毛根の寿命を伸ばす作用があります。

育毛成分として厚生労働省の認可を受けていて、ライオン(株)の「薬用毛髪力シリーズ」に使用されています。

チクセツニンジン

チクセツニンジンは、薬用ニンジンの一つとして古くから利用されています。毛乳頭に栄養を与え、毛母細胞を活性化させる働きがあります。

パントテニールエチルエーテス

パントテニールエチルエーテスは、医薬部外品の育毛剤に含まれる成分で、毛根に直接作用します。細胞分裂の活性化により、毛髪の生成や成長を促進する効果があります。その他、髪の毛の主成分であるアミノ酸やタンパク質の代謝を促進する働きもあり、育毛剤には欠かせない成分です。

頭皮が薄くなっていく過程で、頭頂部から薄くなっていく人と、額の生え際から薄くなっていく人がいます。

頭頂部から薄くなっていく人に効果的な育毛剤は血管拡張型です。これは、血管を拡張することによって、髪の毛の成長を促進するものです。もう一つのM字と呼ばれる薄毛の人には、血管拡張型の育毛剤ではなく、細胞分裂型の育毛剤が効果的なのです。

つまり、自分の頭皮環境や薄毛の違いによって、効果がある育毛剤と、効果がない育毛剤があるということです。育毛剤を使用する際は、事前に自分の薄毛のパターンを把握すること、これが薄毛改善の突破口になるかもしれません。

薄毛関連の記事はこちらです。

参考にしてください。

ラズベリーケトンが薄毛を改善してくれる 

スポンサードリンク

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加