薄毛を改善するための対策

薄毛 改善 対策

薄毛を改善するための対策を始めるには、少なくとも薄毛の原因は把握しておくべでしょう。主な原因としては「皮脂の過剰分泌」「過度のストレス」「血行不良」「遺伝」の4つがあります。

薄毛とは、通常、毛髪が見た目でも明らかに少なく、頭皮が透けて見えている状態を指します。薄毛と言われる状態になるには、抜け毛という症状が必ずあります。その段階で抜け毛を防ぐことができれば、薄毛の進行を遅らせ、場合によっては薄毛を回避できるかもしれないのです。

スポンサードリンク

薄毛になる前の抜け毛対策

薄毛になる原因は、遺伝や男性ホルモンの増加のほかに、食生活や睡眠など多くの生活習慣が複雑に関係しています。その中で自分が身に覚えのある疑わしいものを、一つずつ見直して絞り込んでいくと、改善しなければならない生活習慣がわかってきます。

それを改善していくと、抜け毛を止めて薄毛を未然に防ぐことができるのです。実際に生活習慣を見直して薄毛を改善した人は大勢います。健やかな髪の毛が成長できる頭皮環境をつくるために、規則正しい生活を心がけましょう。

睡眠の再考

髪の毛の成長に多大な影響を与えると言われているのが質の良い睡眠です。成長ホルモンの分泌がスムーズであれば、毛母細胞の分裂が活発で健康な髪の毛が生成され続けます。

通常、髪の毛が最も成長するのは22時~夜中の2時と言われ、この時間帯をゴールデンタイムと言います。しかし、成長ホルモンの分泌がピークになる時間帯は夜中の1時~2時の間なのです。

つまり、この2つの時間が重なる夜中の1時~2時の間が、髪の毛にとってより効果的な時間帯ということになります。頭皮環境のことを考えると、この時間にはすでに熟睡しているのが理想的です。

薄毛 改善 対策

酒とタバコを再度見つめ直す

お酒を飲み過ぎると、髪の毛に必要な栄養分が不足してしまいます。肝臓はアルコールの分解を優先します。この作業のために多くのエネルギーと栄養を消費するので、身体のすみずみまで栄養が行き渡らなくなるのです。

タバコは身体にとって「百害あって一利なし」と言われていますが、髪の毛にとってもそっくりそのまま当てはまります。

タバコを吸うと、血中酸素濃度の低下、活性酸素の増加、男性ホルモンの増加、また、血管を収縮させ頭皮の血行を悪化させます。こんな状態で薄毛の改善などできるはずがありません。禁煙だけが唯一の方法です。

スポンサードリンク

食生活をもう一度見つめ直す

日本人の薄毛が増えている原因について、よく言われるのが食生活の欧米化ということです。脂っこいものや高カロリーの食事が多いと、男性ホルモンが増加し、皮脂の過剰分泌で毛穴が詰まり、頭皮環境が最悪になります。

そのため、抜け毛や薄毛を進行させることになります。そういう状態にならないために、薄毛を改善するための対策として、栄養バランスのよい食事を習慣化することです。
 

頭皮の状態を見つめ直す

頭皮の血行が良くないと、健やかな髪の毛は生まれてきません。仮に生まれたとしても成長することはないのです。頭皮の血行がよくなれば、抜け毛、薄毛の改善はできたも同然です。

頭皮の血行を良くするためには、指の腹で優しく包むように毛細血管を刺激する頭皮マッサージ、休日にはゆったりとリラックスした時間を過ごしたり、スポーツに熱中してストレスを発散、血行促進効果のあるウォーキング、血行が良くなる質の良い睡眠などを行うようにしましょう。

薄毛対策の第一歩は、自分が疑わしいと思った生活習慣を突き止め、その生活習慣の乱れやバランスを一つずつ改善していくことが、最も賢明な方法と言えます。

薄毛関連の記事はこちらです。

参考にしてください。

スカルプシャンプーで薄毛を予防

スポンサードリンク

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加