育毛剤で薄毛の改善はできる

薄毛0002

薄毛対策の中で、育毛剤の選び方には「自分の症状に合った育毛剤を選びましょう」という一文をよく見ます。この抽象的な文言をどのくらいの人が理解できるというのでしょうか。薄毛を改善しようとしている人たちの知識はそれほど高いとは思えないのです。

この人たちに、自分の薄毛のタイプに効果がある育毛剤を選べというのは、無理な話のような気がします。もう少し具体的なアドバイスができれば、薄毛の悩みも多少軽減されるかもしれません。

スポンサードリンク

育毛剤の種類

薄毛を改善する育毛剤は、すべて同じではありません。薬事法(主に「医薬品」「医薬部外品」「化粧品」「医療器具」の4種について、安全性と、体への有効性を確保するための法律)によって、医薬品と医薬部外品の二つに分類されています。

さらに、血行不良、頭皮の環境、AGA(男性型脱毛症)など薄毛の原因によってもタイプ別に分けられています。

育毛剤と名の付く商品は多く存在しています。しかも、それぞれが独自の成分や配合、価格など、育毛剤の特徴を謳っています。これが、薄毛を改善しようとしている人たちを、さらに悩ませている一因ではないでしょうか。

育毛剤の効果

育毛剤の効果は“100%もない代わりに0%もない”  つまり、効果を実感する人もいればまったく効果がない人もいるということです。その証拠に「○○育毛剤の効果を実感した人は93%」という具合で、100%という数字は見たことがありません。

要するに「自分の症状に合った育毛剤を選びましょう」ということの意味は、必ずあなたの薄毛を改善できる育毛剤は存在します」という解釈をしたほうがいいのではないでしょうか。しかし、その育毛剤と出会えるのは非常に困難を極める作業と言えます。

スポンサードリンク

育毛剤は医薬品と医薬部外品がある

育毛剤は薬機法(旧薬事法)によって「医薬品」と「医薬部外品」に分類されています。今から薄毛を改善しようと思っている人にとって、医薬品と医薬部外品の違いや特徴を知ることで、非常に難しい育毛剤選びに役立ちます。

医薬品の育毛剤の特性

医薬品とは厚生労働省や都道府県が効果や副作用、安全性を認めているものと規定されています。配合成分や分量、1回の使用量、使い方などが決められています。

基本的には病院やクリニックなどの医療機関で医師が処方してくれる薬や、薬局で販売されている薬のことを言いいます。したがって、医薬品の育毛剤を入手するため薄毛0001は、医師の処方箋が必要になります。

医薬部外品の育毛剤の特性

医薬部外品は、薬機法(旧薬事法)によって医薬品に準じたものという位置づけになっています。医薬品に比べ非常に種類が多く、それぞれ独自の特徴を持っています。医

薬部外品の育毛剤は、厚生労働省が認めた育毛効果がある成分が配合されている製品ということです。育毛効果は確認されていますが、医薬品よりもずっと緩やかなのです。しかし、医薬部外品の育毛剤は、医薬品のように副作用の危険性はないので安心して利用できます。

医薬部外品の育毛剤として厚生労働省が認定している商品には、世界が認めた育毛メカニズム。育毛剤「m-1育毛ミスト(m-1ミスト)」を筆頭に、「チャップアップ(CHAPUP)」「プランテル(PLANTEL)」「ポリピュア(POLYPUREX)」「ブブカ(BUBKA)などがあります。

その中でも、m-1ミストは、現在でも市場規模を拡大し続けています。育毛剤を使用するにあたって最も重要とされているのが頭皮にやさしいということです。この条件を満たしているのが、天然の成分でつくられているm-1育毛ミストなのです。

m-1育毛ミストについての詳しい記事はこちらです。

ぜひ参考にしてください。

m-1ミストの口コミはどう?|m-1ミストの効果はありますか?

スポンサードリンク

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加