育毛の失敗は改善の第一歩

育毛 失敗 改善

薄毛に悩み、少しでも改善したいと幾種類もの育毛剤を使い続け、効果の兆しすらないところへ「薄毛改善には、頭皮や髪の毛にやさしい育毛シャンプーは欠かすことはできません」という情報を目にすると、早速、そのシャンプーを使い続けても、いまだに効果を感じたことがないという人も多いのではないでしょうか。

そういう人たちに共通しているのは、育毛剤や育毛シャンプーを購入する際の基準が、有名メーカーの製品であったり、ネットの口コミの評判が良かったり、高価な商品=効果があると思い込んでいる、などです。

本来、自分の症状に応じた育毛剤や育毛シャンプーを購入すべきなのです。そのためには、ネットの評判や口コミなどに惑わされず、慎重に判断することです。これができない人は育毛の失敗を繰り返すだけです。

スポンサードリンク

育毛の失敗の要因は何だ!

育毛の失敗の要因を確定するのは容易ではありませんが「効果が出にくい製品の間違った使い方」「自分の症状に合っていない製品の使用」「育毛剤の効果だけで改善できると思い込んでいた」「製品に含まれている成分を過信していた」などが、育毛の失敗の要因として挙げることができます。

また「薄毛の症状や進行具合と合致していない改善策を行っている」「ネットの情報や口コミの評判に惑わされ、本質を見誤ってしまっている」ことも多いようです。さらに、自分の体質がわかっていないまま、有名メーカーというだけで製品を選び改善しようとする人もいます。

スポンサードリンク

 

育毛の失敗は改善の第一歩

「今回の育毛は失敗だった」と言えるのは、最短でも6ヶ月以上の薄毛対策を行い、それでも効果を実感でできない場合に、初めて言えるのではないでしょうか。それも、育毛剤や育毛シャンプー、ストレスや食生活などの生活習慣など、身体の内側と外側から対策を行ってきたという前提です。

そうでなければ、育毛の失敗を決定づけるのは早計です。生活習慣の改善が不十分だったり、ストレスが改善できていないのであれば、改善の余地があるということです。薄毛や抜け毛の症状というのは、じわじわと長い時間をかけて進行していくのです。

薄毛や抜け毛の改善というのは、たとえ失敗したとしても、すぐにあきらめるようなものではありません。なぜなら、育毛の失敗は改善の第一歩なのです。薄毛や抜け毛は少なくとも6つ以上の要因が複雑に絡みあっているからです。

したがって「的確な改善策を行ったとしても、効果が出ることはなかった」というこはよくあることなのです。ということは「育毛の失敗」ではなく「もう一度やり直したほうがいい」と理解すべきなのです。

間違った認識で的確な判断はできない

まことしやかにささやかれている育毛や薄毛に関して?マークがつくことが数多くあります。そんな言葉に惑わされていると、的確で冷静な判断ができなくなります。ほとんどの人たちがほぼ常識と考えていることでも、まったく違うことがあります。

それに気づかず、薄毛、抜け毛の改善を行っている人も多いようです。そのことが的育毛 失敗 改善確な判断を狂わせているのが実情のようです。

育毛成分にこだわりすぎる

たとえ育毛効果が高いと言われている成分でも、含有量や配合割合、成分そのものの質によっても効果の程度は変わってきます。このような知識を持っていない場合、育毛剤や育毛シャンプーを選ぶ際には、間違った判断をしてしまうケースが多くなります。

毛穴に皮脂や汚れが詰まり抜け毛や薄毛を招く?

現在、日本人の大部分の日本人が毎日と言っていいほどシャンプーをしています。仮に頭皮や髪の毛にダメージを与えるシャンプー剤を使っていたとしても、皮脂や汚れが毛穴に詰まってしまうことはあり得ないのです。

ただ、洗浄力が強すぎるシャンプー剤で、一日に何回もシャンプーすると、頭皮に必要な皮脂まで洗い落としてしまい、頭皮の乾燥を招き、薄毛、抜け毛の原因になるので注意が必要です。 

なぜ、薄毛の改善ができなかったのか

効果的な育毛成分を含んでいる育毛剤、頭皮や髪の毛にやさしいアミノ酸系シャンプーを購入し、薄毛の原因とされる生活習慣の改善も併行して、数か月が経過したにもかかわらず、何の兆しもなく「育毛は失敗だった」と言わざるを得ない状況になったとき、その矛先を「育毛製品」に向ける人が多いようです。

しかし、薄毛、抜け毛というのは少なくとも6つ以上の要因が絡み合って発症しているのです。万全の体制を整えていても効果が出ないことはよくあることなのです。これを「失敗した」という考えの人は、薄毛の改善は望めないかもしれません。

育毛というのは長期戦ですから、何回でもやり直すことです。そのためには、効果が出なかった原因を冷静に追究し、少しでも改善できれば、その分、ゴールに近づいていくのsです。

育毛関連の記事はこちらです。

参考にしてください。

育毛剤の成分は効果もあれば副作用もある

スポンサードリンク

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加