薄毛を改善するには欠かすことができない亜鉛

薄毛 改善 亜鉛

髪の毛に必要な栄養素として欠かすことができない亜鉛ですが、このことを知らない人は多いのではないでしょうか。

その働きというのは「タンパク質を髪の毛に変える働き」「AGAの原因でもある5αーリダクターゼの働きを阻害する」「健康な髪の毛の成長促進」など、亜鉛を摂取することで得られる効果は計り知れないものがあります。

このことからもわかるように亜鉛が不足すると、タンパク質を大量に摂っても髪の毛にはなりません。さらに、薄毛の進行を止めることもできないのです。

スポンサードリンク

亜鉛を多く含む食べ物

亜鉛の1日の摂取目安量は、男性が12mg、女性が9mgとされています が、しかし、サプリメントだけで摂取するということは考えものです。食事とサプリメントを併用して効率的に摂取しましょう。

亜鉛を多く含んでいる食べ物を、亜鉛含有量が多い順に紹介します。食品の数字は100g当たりの含有量です。

牡蠣(かき) 亜鉛含有量 13.2mg

食品の中では最も多く亜鉛を含んでいるのではないでしょうか。4~5個で1日の摂取量をクリアできるけいさんです。

ビーフジャーキー 亜鉛含有量 8.6mg

お酒のつまみやおやつにもできるので、手軽に摂取できます。

スポンサードリンク

パルメザンチーズ 7.3mg

通常、粉末になっているものが有名ですが、もともとチーズ自体は亜鉛を多く含んでいる食品なのです。

煮干し 7.2mg

煮干しを粉砕した粉だしであれば、丸ごと摂取することができるので効率的です。

豚レバー 6.9mg

肉の部分は牛肉のほうが上ですが、レバーだけをみると、豚肉のほうが多く含まれています。

松の実 6.0mg

松ぼっくりの中にある種子の胚乳部分です。ナッツ類なのでつまみやおやつで気軽に食薄毛 改善 亜鉛べることができます。

ごま 5.9mg

白ごまと黒ごまがありますが、栄養的には同じです。いろいろなものにふりかけて食べることができます。

するめ 5.4mg

誰もが知っているおつまみの中でも最も代表的な存在です。お酒を楽しみながら亜鉛を摂取できます。

亜鉛は生活習慣が不規則な人に必要な栄養素

亜鉛は健康な体をつくるためだけでなく、髪の毛にとっても欠かすことができない栄養素です。特に、生活習慣が不規則な人は、常に意識をして亜鉛を摂取することが大切です。

食事が不規則で偏っている人

仕事が忙しく帰宅が遅い人や一人暮らしの人が陥りやすいのが、インスタント食品やファストフードなど栄養バランスの良くない食事です。これが続くと、亜鉛を効率的に摂れなくなり、亜鉛が不足してきます。

亜鉛を多く含む食品の知識があれば、薄毛の改善につながる亜鉛を多く含む食品を選ぶこともできます。

お酒を飲み過ぎる傾向にある人

ある程度のお酒は一時的なストレス解消になっても、度が過ぎると髪の毛に必要な亜鉛まで消費してしまいます。薄毛を改善するためにも飲みすぎないように心がけましょう。
亜鉛を多く含む食品にはお酒のつまみになるものが多くあります。

過度のストレスや体力を消耗している人

現代はストレス社会ですから、ストレスがない人は皆無に近いのではないでしょうか。過度のストレスを受け続け、解消もできないままになっていたり、仕事や過度のスポーツで体力を消耗すると、亜鉛の消費が激しくなり、不足してしまいます。その場合は、食事とサプリメントで効果的に亜鉛を摂るようにしましょう。

亜鉛はタンパク質、ビタミンと並んで、髪の毛に必要な3大栄養素と言われているように、髪の毛の生成には欠かすことができないものなのです。最近は、食生活や生活習慣の変化によって、亜鉛の摂取量が少なく不足気味になっています。

亜鉛が不足すると、髪の毛の生成が止まってしまいます。すると、薄毛の進行は加速していきます。

亜鉛が不足しないようにするには、食事とサプリメントで摂取するしか方法はありません。亜鉛が摂取できれば、健康な髪の毛の維持はもちろん、身体の健康も維持できるのです。

薄毛関連の記事はこちらです。

参考にしてください。

薄毛は自分に合った育毛剤で改善する

スポンサードリンク

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加