頭皮の悩みで最も多いのが乾燥

頭皮 悩み 改善

頭皮トラブルの悩みの中で大きな比重を占めているのが頭皮の乾燥です。頭皮が乾燥する原因は、洗浄力が強すぎるシャンプーの使用、ビタミンB群やミネラルなど栄養素の不足、紫外線の浴びすぎなどがあります。

これらの原因によって頭皮が乾燥してしまうと、フケを発生させたり、頭皮が硬くなったり、頭皮が赤くなるといった頭皮トラブルを起こします。

これらはすべて血行不良を招き、抜け毛や薄毛を進行させてしまいます。そういうこともあって、最近は頭皮ケアが重要視されてきています。

スポンサードリンク

頭皮トラブルを招くシャンプー

頭皮の乾燥は、シャンプー剤やシャンプーによる原因が大半なので、対策法もシャンプー関連になります。そこで、まず考えることは、現在、あなたが使用しているシャンプー剤が頭皮トラブルを招いている一因になっていないか、早急に確認することです。

頭皮トラブルを招いているシャンプーは、大部分が高級アルコール系シャンプーと呼ばれているもので、石油系シャンプーといったほうがわかりやすいかもしれません。

これらのシャンプーは強力な洗浄力を持ち、余分な皮脂や汚れなどすべてきれいに洗い落としてくれますが、頭皮に必要な皮脂までも洗い落としてしまいます。それが頭皮を乾燥させる原因になっているのです。その頭皮の乾燥を防ぐためには、アミノ酸系シャンプーがおすすめです。

頭皮の乾燥を防ぐアミノ酸系シャンプー

アミノ酸系シャンプーは、低刺激で肌に優しく、強くもなく、弱くもない適度な洗浄力のシャンプーなのです。また、アミノ酸系シャンプーに含まれているアミノ酸は、頭皮の乾燥を防ぐために重要な保湿という役割も果たしているのです。頭皮の乾燥を防ぐためのシャンプーは、アミノ酸系シャンプーが最適です。

頭皮 悩み 改善

頭皮に必要な栄養素

頭皮の乾燥を招く原因には、栄養不足もあります。髪の毛を生成するために重要な栄養素は「タンパク質」「ビタミン」「ミネラル」です。

タンパク質は、筋肉や皮膚、臓器など、身体のありとあらゆる部分をつくっています。さらに、髪の毛もつくっているのです。つまり、タンパク質が不足すると髪の毛は生えてこないのです。

ビタミンB2とB6は、細胞の代謝を活発にする働きがあり、十分に供給されていると健やかな髪の毛を生成するのです。ビタミンB2が多く含まれている食材としては、肉や魚などの動物性食品、B6は牛や豚、魚の赤みなどです。

ミネラルの一種である亜鉛は、食事で摂ったタンパク質を髪の毛に変えてくれる大切な栄養素でもあるのです。1日の必要量は9mgとされていて、亜鉛を大量に含んだ食べ物としては緑黄色野菜やカキ(貝)があります。また、良質なサプリメントを利用するのも一つの方法です。

スポンサードリンク

頭皮の乾燥を招く紫外線

もう一つ頭皮を乾燥させる原因で、上位にランクされているのが紫外線です。顔や身体の一部は紫外線対策をきちんとしている割には、頭皮の紫外線対策は不十分ではないでしょうか。

頭皮の乾燥という観点から考えると、紫外線を浴び続けると活性酸素が増え、肌の老化が進み、頭皮の乾燥へとつながり、血行不良を起こします。血行不良は、血液が毛根に酸素や栄養を運びにくくなるので、健康な髪の毛が生成できなくなります。

紫外線対策法

このように紫外線が頭皮に及ぼす悪影響は計り知れないものがあります。ただ、頭皮は日焼け止めを塗れる場所ではないので、対策法としては、紫外線をいかに浴びないようにするか、ということになります。

日差しが強い日はもちろん、曇り空のときでも、常に、紫外線を意識した対策をとるようにすることです。  

ひょっとしたら、すでにあなたの頭皮は赤くなっていたり、触ると硬い感じがしていませんか、それは、紫外線を浴び過ぎたために、頭皮が大きなダメージを受け、血行不良を起こしているので、早急に、頭皮ケア対策をする必要があります。

それと併行して、紫外線対策も忘れないようにしてください。また、抗酸化成分が配合されているシャンプーや育毛剤の使用も考えてください。

頭皮関連の記事はこちらです。

参考にしてください。

頭皮の血行不良は薄毛を進行させる

スポンサードリンク

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加