頭皮の乾燥はフケを発生させる

頭皮 乾燥 フケ

フケは中学~高校時代にかけて、学生服の肩や背中に白い粉状のものが落ちている印象が強いのですが、社会人でもときどきスーツに落ちているのを見ることがあります。「もう少し頭皮を清潔にすれば、フケが落ちることはないのに……」と思っていました。

現在でも、フケは不潔にしている人だけに発生するものと考えている人は多いのではないでしょうか。

そこで、抜け毛や薄毛の原因、改善策といった観点から、フケとはどういうもので、何が原因で発生するのか、発生したフケはどんな影響を及ぼすのか、改善策はどうするのか、などを知ることが、頭皮が乾燥すると発生するフケが原因の抜け毛や薄毛を改善するために必要なのではないでしょうか。

スポンサードリンク

フケとは

人の皮膚は一定の期間をかけて、古い皮膚から新しい皮膚へ常に生まれ変わっています。これをターンオーバーと言います。つまり、皮膚の新陳代謝のことです。この新陳代謝の過程で古い角質がはげ落ちることで発生するもので、病気などということはありません。
しかし、頭皮が乾燥すると発生するフケは、大量に発生すると、毛穴に詰まりやすく頭皮環境も悪化するので、抜け毛が増える可能性があります。

フケの種類

フケは、頭皮の乾燥によって発生する乾いたフケ(乾性フケ)と、頭皮の皮脂の過剰分泌によって発生する脂性フケ(湿ったフケ)の2種類があります。

この2つは、原因も対策もまったく違う方法になります。まずは、自分のフケが乾性なのか、湿性なのかを知ることが大きなポイントではないでしょうか。

乾性フケ(乾いたフケ)とは

いまでも肩に乾いた粉状のフケが、スーツや学生服に落ちているのをときどき見かけることがあります。フケに悩んでいる人の多くは、この乾性フケ(乾いたフケ)なのです。

通常、健康な頭皮で発生するフケは、目に見えないくらい小さなものなのです。大量の乾いたフケが落ちるというのは、頭皮の乾燥が原因の症状だと考えられます。肩に次から次へと落ちてくる乾いたフケが、乾性フケ(乾いたフケ)の特徴です。

頭皮が乾燥すると皮膚のバリア機能が低下し、雑菌やウイルスが繁殖すやすい環境にしてしまい、フケを発生させるのです。このフケが乾性フケ(乾いたフケ)なのです。頭皮の乾燥が長く続くと、頭皮が硬くなり血行も悪くなります。その結果、栄養が毛頭皮 乾燥 フケ根部へ行き渡らず、薄毛が進行してしまいます。

 乾性フケ(乾いたフケ)を発生させる原因

・高級アルコール系シャンプー(石油系シャンプー)など、洗浄力が強すぎるシャンプーの使用。

・皮脂を食べているフケ原因菌の増加。

過度のストレスや運動不足による頭皮環境の悪化。

偏った食習慣による栄養バランスの乱れ。

・頭皮環境を悪化させるパーマ剤やカラーリング剤。

・シャンプー不足などで、不潔になっている頭皮。

乾性フケ(乾いたフケ)は、頭皮の乾燥が原因で発生するフケで、そのままにしておくと、フケだけではなく、髪に酸素や栄養が届かなくなるので、ますます頭皮環境を悪化させ、抜け毛が増える可能性が高くなります。しかし、ほとんどの原因が日常の生活につながっているので、改善の余地は十分にあります。

スポンサードリンク

乾性フケ(乾いたフケ)の改善策

・シャンプーの頻度や方法を見直す。

・シャンプーを肌にやさしく低刺激なアミノ酸系シャンプーに変える。

・スポーツによるストレス解消やウォーキングやジョギングなどの軽い運動を行う。

ヘアケアや整髪料はフケが改善されるまで控える。

栄養バランスを考えた食事を心がける。

良質の睡眠を心がける

この改善策は、生活習慣を改善すれば解消できることばかりです。あとは、気持ちの持ち方しだい、ということではないでしょうか。できることから一つずつ改善していきましょう。

湿性フケ(湿ったフケ)とは

湿性フケ(湿ったフケ)は、頭皮に付着しているので、乾性フケ(乾いたフケ)のように肩などに落ちることはありません。

湿性フケ(湿ったフケ)は、頭皮に溜まった古い角質と、過剰に分泌された皮脂が混ざりあったもので、毛穴に詰まりやすく頭皮環境を悪化させ、薄毛を進行させる原因になってしまいます。

湿性フケ(湿ったフケ)を発生させる原因

間違った洗髪方法で頭皮に必要な皮脂の取り過ぎ。

洗浄力が強すぎるシャンプーの影響。

偏った食習慣による栄養バランスの乱れ。

・ワックスやジェルなどの整髪料のすすぎ残し。

過度のストレスや運動不足による頭皮環境の悪化。

頭皮ケアを怠ったことによる頭皮環境の悪化。

湿性フケ(湿ったフケ)は、抜け毛や薄毛、深刻な脱毛症のサインの可能性もあるため、一刻も早い対応が必要です。

湿性フケ(湿ったフケ)の改善策

・ シャンプーの回数および方法の見直し を図る。

・ シャンプーを肌に優しい低刺激のアミノ酸系シャンプーに変える。

・ 糖分、脂肪分を極力避け、栄養バランスのとれた食生活を習慣にする。

フケが落ち着くまで整髪料は使用しない。それができない場合は、極力油分の少ない整髪料にする。
 
湿性フケ(湿ったフケ)は、抜け毛や薄毛、深刻な脱毛症などのトラブルを引き起こす可能性があるので、できるだけ早く有効なケアを行いましょう。

頭皮ケアの関連記事はこちらです。

ぜひ参考にしてください。

頭皮環境を改善すると髪は健康になる

スポンサードリンク

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加