頭皮の環境が悪化すると薄毛が進行する

頭皮 環境 薄毛

 

 

髪の毛というのは、とても重要な役割を担っています。太陽光の強い紫外線から頭皮を保護し、厚さと寒さを防ぎ、頭部への衝撃を吸収するなど、大切な役割を持っています。

さらに、血液中の有害物質を毛根から取り込み、体外へ排出するという役割も担っているのです。

 

スポンサードリンク

薄毛の原因とその改善方法

頭皮の環境が悪化すると薄毛が進行する髪の毛が毎日抜け替わるのはごく自然な現象ですが、抜け毛が増えてきたり、髪が薄く頭皮が透けて見えるようになっているいる人も大勢います。頭皮の環境が悪化すると薄毛が進行することもあります。ここでは、薄毛の原因とその改善方法を紹介します。

劣悪な頭皮環境

人間の髪の毛は成長すると抜け、また新しく生えてくるというサイクルを一定の期間で繰り返しています。これをヘアサイクルといいます。しかし、頭皮が汚れ環境が悪化すると、汚れやホコリなどが毛穴に詰まり、新しい髪の毛の成長を妨げることで薄毛が進行しまうことがあります。

仮に、生えてきたとしても細くて弱弱しい髪なので、抜けやすく薄く見えます。この劣悪な頭皮の改善方法は、良質なシャンプーとコンディショナーを使って正しい洗髪をすることです。

まめに髪を洗い頭皮を清潔に保ち、すすぎ残しがないように時間をかけてていねいに洗い流してください。そして、自分に合った育毛剤と肌に優しいシャンプーやコンディショナーを併行して使用し、頭皮に十分な栄養を与えてください。これらをきち頭皮 環境 薄毛んと行い薄毛を改善した人は大勢います。

過剰な頭皮ケア

髪を洗うことを面倒くさいと思っている人をときどき見かけますが、面倒くさいという理由だけで頭皮の環境を悪化させてしまうと、薄毛の進行を助長することになります。

ところが1日に2回もたっぷりと時間をかけて、しかも力を入れてゴシゴシ洗うと頭皮を傷つけてしまいます。さらに熱風ドライヤーの使いすぎも頭皮にダメージを与えてしまいます。過剰な頭皮ケアは何一ついいことはありません。すぐに中止してください。

スポンサードリンク

頭皮への刺激は逆効果

頭皮に刺激を与えると育毛効果がある。頭皮マッサージは髪に良い。などと言われていますが、これらは育毛効果よりも、皮下組織を傷める危険性のほうが大きいのです。頭皮の下の皮下組織には毛細血管が網目状に広がり、髪に酸素や栄養を運び届けています。

ブラシで頭皮をトントン叩いたりすると、髪に悪い影響を及ぼすことになります。最悪の場合は皮下組織を破壊してしまうことにもなりかねません。そうなると、頭皮の環境が悪くなり薄毛が進行してしまいます。頭皮ケアは、ていねいに優しく、行いましょう。

過度のストレス

現代はストレス社会。と言われてかなりの年数が経っていますが、ストレスが原因で薄毛になる人は増え続けています。ストレスというのは自律神経や胃腸に作用するのが一般的ですが、髪の毛にも影響を与えるのです。

人はストレスを感じると血管が収縮します。血管の収縮は髪に酸素や栄養を運ぶ毛細血管にも影響を与えます。毛細血管が収縮すると栄養が毛根まで行き届かなくなり、頭皮の環境も悪くなり薄毛が進行してしまいます。

ストレスが解消すれば、元の状態になれますが、その状態になるのは非常に難しいとされています。それなら、血流がスムーズになるように、スポーツや趣味を通じてリラックスできる時間を増やすことです。そして、新たなストレスを抱えないようにしましょう。

頭皮ケアの関連記事はこちらです。

ぜひ参考にしてください。

頭皮の乾燥が長期間続くと薄毛になる

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加