頭皮の乾燥を防ぐための対策

頭皮 乾燥 対策

木枯らしが吹く季節になると、手足の乾燥や肌荒れに悩むことが多くなり、頭皮の乾燥を防ぐための対策が必要になります。身体のあちこちが乾燥し始めるのでお手入れがたいへんです。でも、もう一つ大切な部位を忘れていませんか? 髪の毛の下にあるので直接見ることはできませんが、頭皮も乾燥しているのです。このことについては、自覚が足りない人のほうが多いのではないでしょうか。

スポンサードリンク

頭皮の乾燥を防ぐための原因と対策

この頭皮の乾燥をそのままにしておくと、薄毛になる確率はグンと上がってしまいます。肌が乾燥しているということは、頭皮も乾燥しているということです。薄毛や抜け毛は頭皮の乾燥から始まります。

そのためには、原因を突き止め対策を講じて行かなければ、取り返しのつかない事態を招くことになります。

頭皮の乾燥が薄毛を進行させる原因と対策について考えてみましょう。

髪の洗いすぎ

頭皮が乾燥するとフケがでやすくなり、肌が荒れてかゆみも出ます。そうなると、頭皮の毛穴に皮脂やフケが詰まり、血行不良になってしまいます。それが薄毛や抜け毛の原因になるのです。

しかし多くの人は、頭皮のフケやかゆみ、抜け毛などはシャンプー不足だと思い込み、髪を洗いすぎてしまうのです。この洗いすぎこそが頭皮を乾燥させる原因なのです。

髪の毛を洗いすぎると頭皮に必要な皮脂までも取り去ってしまい、乾燥しやすくなるのです。もともと皮膚が持っている、皮膚の水分を保つ働きと雑菌の影響を防ぐ働き、いわゆるバリア機能が低下し、毛根に細菌が侵入し頭皮が炎症を起こして赤くなり、硬くなります。

炎症を起こした頭皮は、髪が成長する環境としては最悪な状態です。そのため抜け毛が増え、薄毛が進行していくのです。

一日何回も力を入れてゴシゴシ洗髪をしている人は「洗いすぎは頭皮に悪影響を及ぼす」ということをあらためて認識しましょう。

 頭皮 乾燥 対策

自分に合っていないシャンプー

近ごろ、シャンプーでの頭皮ケアが重要視されています。今使っているシャンプーは刺激が強すぎるシャンプーではありませんか? 洗浄力が強いということは、頭皮に必要タンパク質な皮脂までも洗い落とし頭皮を乾燥させてしまうのです。

頭皮の乾燥を防ぐための対策としては、髪や頭皮にやさしい成分が配合されているシャンプーやコンディショナー使うようにすることです。もし、従来の刺激が強すぎるシャンプーを使い続けると、頭皮はひどくなるだけです。

スポンサードリンク

 

食生活の乱れ

体調を整える栄養素といえば、ビタミンやミネラルですが、これらが不足すると肌荒れを起こします。栄養不足は頭皮の血行不良を招き、髪にたいしても成長を止めてしまいます。とくに髪の毛は末端部分ですから栄養が届く順番としては、最後といってもいいくらいです。

ミネラルの中でもとくに必要な栄養素が「亜鉛」です。カキやホタテ、レバーや牛肉、納豆などが、この亜鉛を豊富に含んでいます。また、皮膚の代謝を促進するのに不可欠な栄養素がビタミンB群です。

タンパク質も体をつくる栄養素としては、欠かすことはできません。うなぎやまぐろ、豚モモ肉やラム肉、豆腐や納豆などの良質なタンパク質を摂るようにしましょう。

頭皮の乾燥を防ぐための対策としては、ビタミンB群や亜鉛などのミネラル、良質なタンパク質などを摂取し、栄養バランスのいい食生活を心がけることです。

生活習慣の乱れ

通常、人間の身体というのは、血液が毛細血管を通って酸素や栄養を身体のすみずみまで行き渡らせています。しかし、頭皮の毛細血管で血行不良が起こると、酸素や栄養が頭皮のすみずみまで行き渡らなくなり、抜け毛が増え薄毛へと進行していきます。

このような頭皮の血行不良を起こす原因の中では、生活習慣の乱れが最も多いのです。とくに喫煙、睡眠不足、過度のストレス、などが主な原因といえます。

頭皮の乾燥を防ぐための対策としては、頭皮に悪影響を及ぼす生活習慣を、焦ることなく一つずつ改善していくことです。

頭皮ケアの関連記事はこちらです。

ぜひ参考にしてください。

頭皮の乾燥はシャンプーでケアできる

スポンサードリンク

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加