頭皮の乾燥を見逃すとハゲにつながる

頭皮 乾燥 ハゲ

健やかな髪の毛を成長させるには、頭皮の乾燥は何としても避けなければなりません。対応が遅れると抜け毛、薄毛、ハゲに直結します。また、頭皮の乾燥を語るうえにおいて、皮脂との関係を知ることは非常に大切なことです。

頭皮の乾燥は、洗浄力の強いシャンプー剤の使用、頭皮を傷つけるような洗い方、シャワーのお湯が熱すぎる、シャンプーの回数が多い、ドライヤーの熱風を至近距離から当てる、紫外線の影響、乱れた生活習慣などの要因によってもたらされると言われています。

これらの要因によって頭皮が乾燥すると、頭皮を保護するために皮脂が多量に分泌されると、頭皮が脂っぽくベタつきます。その結果、余分な皮脂や汚れが混ざり合った老廃物が毛穴に詰まり、それによって血行不良を起こし、抜け毛や薄毛を招いてしまいます。

もともと、頭皮の乾燥というのは非常にわかりにくく、フケやかゆみなどの自覚症状があって、はじめて気づくことがほとんどなのです。もし、この症状を見逃したり、放置したりすると、薄毛で終われば良しとするくらいで、最悪ハゲを覚悟しなければなりません。

スポンサードリンク

頭皮を乾燥させる要因

頭皮を乾燥させる要因は多種多様で、気温・湿度、季節、風といった外気の環境、ストレスや睡眠など毎日の生活習慣もおおきな要因です。頭皮や髪の毛のトラブルには、よく出てくるフレーズですが、もう一度、日常生活を見直してみるべきでしょう。

洗浄力の強いシャンプー剤の使用

洗浄力の強すぎる石油系界面活性剤を、洗浄成分としている高級アルコール系のシャンプーは、頭皮や髪の毛のことを優先して考えた場合は、控えたほうがいいでしょう。頭皮に必要な皮脂もすべて洗い落とし、頭皮の乾燥を招いてしまいます。

スポンサードリンク

頭皮を傷つけるような洗い方

爪を立ててゴシゴシ洗うのはすぐにやめるべきです。頭皮や髪の毛に対して何一ついいことはありません。頭皮が傷つき乾燥してしまいます。清潔にしたいと思う気持ちが逆効果になります。

シャワーのお湯が熱すぎる

洗髪後、シャンプ剤を洗い流す際に注意してほしいのがお湯の温度です。特に、寒い時期に起こりやすいのですが、熱いお湯は頭皮に大きなダメージを与え、乾燥を招いてしまいます。

シャンプーの回数が多い

頭皮の皮脂や汚れを気にするあまり、1日に何度もシャンプーをしてしまう人がいます頭皮 乾燥 ハゲが、気持ちとはうらはらに頭皮の乾燥というトラブルを招いてしまいます。

ドライヤーの熱風を至近距離から当てる

シャンプー後の髪の毛はタオルでやさしく水気を拭きとったあとで、ドライヤーを20cm以上離して動かしながら温風を当てます。熱風を至近距離から長時間当てると頭皮は乾燥してしまいます。

紫外線の影響

夏ばかりでなく紫外線は1年中降り注いでいます。紫外線を浴び続けていると頭皮は乾燥し、さらに、老化を進行させてしまうのです。

乱れた生活習慣

睡眠不足、栄養バランスが悪く時間が不規則な食事、タバコやアルコールなどは、頭皮の乾燥を招きますが、健康な生活を送ることで頭皮の乾燥は改善されます。

頭皮の乾燥を招く要因は数多くあります。問題は、ひとつの要因で乾燥しているのではなく、いくつも積み重なって発症していることと、自覚症状がほとんどないことです。

要因がひとつであれば、消去法でひとつずつ確認していけば、要因にたどり着きますが、複数だと要因を特定するのはなかなか困難です。また、フケやかゆみの症状が出た時点では、かなり進行しているということです。

抜け毛が気になり始めた人は、頭皮が乾燥しているかもしれません。早急に対応して、頭皮のダメージを最小限に食い止めることです。

頭皮関連の記事はこちらです。

参考にしてください。

健全な頭皮環境が抜け毛を防止する

スポンサードリンク

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加