頭皮環境は薄毛予防の基本中の基本

薄毛中-001

薄毛の予防や対策は、本来、薄毛が進行してからではなく、それ以前から行うものではないでしょうか。進行してからでは遅すぎるなどと言っているのではありません。その時点では、すでに予防ではなく改善するという段階なのです。

頭皮環境を正常に保つことが薄毛予防においては基本中の基本と言えます。そのこと自体はそんなに難しいことではなく、日常生活において、規則的な生活習慣を心がけることでクリアすることができます。また、頭皮や髪の毛にやさしいシャンプーの使用も大切です。

スポンサードリンク

薄毛人口の増加

日本人の成人男性の約26%、すなわち4人に1人が薄毛に悩んでいると言われています。数字的に見ると、成人男性約6150万人のうち、1300万人ですから、薄毛の問題は非常に大きなことであることが見てとれます。

また、食生活の変化、慢性的な睡眠不足、過度のストレスなど、薄毛を発症する要因も増えてきています。さらに、急激な高齢化も薄毛人口の増加を後押ししています。

しかし、薄毛人口がどうなろうとも自分だけは「絶対にハゲたくない」と、ほとんどの男性は思っています。その思いを成就させるためには、今何をすればいいのか、をじっくりと考えて行動することです。

スポンサードリンク

頭皮環境を正常に整えることが薄毛予防の最善策

抜け毛、薄毛が発生するのは頭皮環境の悪化がほとんどです。そこで頭皮環境を悪化させる原因を改善することが、薄毛、抜け毛の予防・防止につながるということです。その主な原因が「不規則な生活習慣」と「シャンプー選びと洗髪方法の失敗」です。

この二つの原因を改善すると、頭皮環境を正常に保つことができます。それによって、薄毛-002髪の毛が生成され成長することで、薄毛を予防・防止することができるのです。

不規則な生活習慣の見直し

偏った食生活、睡眠不足、喫煙などの生活習慣の乱れは、頭皮の乾燥や血管の収縮によって血行不良や皮脂の過剰分泌を起こし、頭皮環境は最悪の状態になってしまいます。このことは、薄毛や抜け毛に大きな影響を与えることになります。

このような生活習慣の改善策としては、栄養バランスの良い食事、十分な睡眠時間と質の良い睡眠、禁煙などを心がけ、習慣化することです。

シャンプー選びと洗髪方法

シャンプー選びのポイントとして覚えておいてほしいのが、今やほぼ常識となっている、頭皮や髪の毛にやさしいシャンプーを選ぶ ということです。それは「アミノ酸系シャンプー」です。

洗髪の際の注意事項としては、頭皮に爪を立ててゴシゴシ洗わないこと、頭皮を傷つけると薄毛を招くことになってしまいます。すすぎも重要で十分にすすぎ残しがないように時間をかけましょう。最低でも2分、できれば3分くらいていねいにすすいでください。

健やかな髪の毛は健全な頭皮環境が基本 

髪の毛は毛根によって生成されます。毛根の働きが活発であればあるほど新しい髪の毛は次から次へと生成され成長していきます。健やかな髪の毛を維持していくためには、日ごろから頭皮の環境には十分な気配りが必要です。

規則的な生活習慣はもちろん、髪の毛に必要な3大栄養素と言われるタンパク質、ビタミン(B2、B6)、ミネラル(亜鉛)をバランスよく摂取することで、健康な頭皮環境が保たれるのです。健やかな髪の毛は健全な頭皮環境が基本なのです。

スポンサードリンク

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加