頭皮環境を正常に保つことがハゲの予防になる

頭皮 ハゲ 予防

ハゲは薄毛が進行したもの、薄毛は抜け毛が多くなったもの、抜け毛は頭皮環境が悪化して起こるもの、頭皮環境を悪化させるのが乱れた生活習慣というようにさかのぼっていくと、自ずとハゲや薄毛の対策が見えてきます。

つまり、薄毛の防止やハゲの予防をするには、原因の大部分である乱れた生活習慣を改善し、頭皮環境を正常にすることなのです。

これは、抜け毛が目立ってきた時点では、もちろん、早急に対応しなくてはなりませんが、現時点においてハゲの兆候がない人が行うほうが、ハゲの予防に関しては効果は高いのです。

今のところハゲの気配がない人も、抜け毛が目立ってきている人も、頭皮環境を悪化させると言われている「ストレス」「食生活」「睡眠」「喫煙」「飲酒」「運動」などの生活習慣を見直し、乱れているものがあれば一つずつ改善していきましょう。ここで手を抜くと、その分ハゲが近づいていることを忘れないようにしてください。

スポンサードリンク

頭皮の環境を悪化さ頭皮せる原因

頭皮の環境を悪化させる直接の原因に、頭皮の血行不良、頭皮の乾燥、皮脂の過剰分泌がありますが、これらを誘発する生活習慣にはどんなものがあるのでしょうか。ここでは、頭皮環境の悪化と最も関係が深い血行不良のついて考えてみましょう。

スポンサードリンク

ストレス

人間、過度なストレスを受けると、自律神経が乱れます。自律神経が乱れると全身の血管が収縮し、頭皮の血行不良を引き起こし、抜け毛を発生させてしまいます。

食生活

偏食が激しく、高カロリーの揚げ物や脂っこいものばかりの食事を続けていると、頭皮の血行不良を引き起こすことで頭皮の環境も悪くなり、抜け毛ぬけげが目立つようになります。

睡眠

仕事や遊びで夜更かしが続くと、睡眠時間が短く眠りも浅くなります。睡眠不足になると血流が悪くなってストレスにつながります。このストレスが血行不良を招き、抜頭皮 ハゲ 予防け毛、薄毛へとつながっていきます。

喫煙

たばこはご存知の通り「百害あって一利なし」言われているように、全身に悪影響を及ぼします。たばこに含まれているニコチンによって血管が収縮し、頭皮の血行不良を引き起こし、髪の毛の成長を阻害してしまいます。

飲酒

個人差はありますが、一定量をはるかに上回るような飲酒は、頭皮の血流を急激に悪化させ血行不良を起こし、薄毛を助長してしまいます。

運動

運動不足も血行不良の主な原因と言われています。薄毛やハゲの予防が目的であれば、定期的にジョギングやウォーキングなどの有酸素運動を行うようにしましょう。運動不足は血行不良を招いてしまいます。

ハゲになる可能性が大きい人の特徴

“睡眠時間が不足して、睡眠の質も悪い人”は、成長ホルモンの分泌量が少なく、健康な髪の毛を育てることができません。この状態が長く続くとハゲる可能性は大きくなります。健康な髪の毛を成長させるには十分な睡眠時間と質の良い睡眠(深い眠り)を心がけることです。
 
“低体温の人”は新陳代謝も低下しているようです。低体温は血行不良になりやすく抜け毛を増やすことにもつながります。身体を温めて血行を改善するためには、ウォーキングやジョギングなどの軽い運動をすることが大切です。

“髪の毛の洗い方が雑な人”は、頭皮の環境の悪化を招いてしまいます。頭皮の環境を良くして髪の毛が成長しやすくするには、シャンプーの仕方やシャンプー剤の質が重要なカギを握っています。シャンプー剤は頭皮や髪の毛にやさしいものを使用するようにしましょう。

頭皮環境が悪化して血行が悪くなっている人は、抜け毛、薄毛、フケ、かゆみ、といった症状を引き起こす危険性があります。これらの症状を甘く見ていると、頭皮の環境は急激に悪化し、ハゲへの道を突き進んでいきます。

そのような最悪の事態を回避するには、日頃から規則的な生活を送るように心がけ、抜け毛の改善にすべてをかける、というくらい全力で対応することです。それがハゲを予防することにつながるのです。

頭皮関連の記事はこちらです。

参考にしてください。

頭皮の乾燥を見逃すとハゲにつながる

スポンサードリンク

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加