薄毛の予防や改善は頭皮ケアがすべて

薄毛 予防 頭皮ケア 

薄毛の予防や改善は頭皮ケアがすべて という説があるくらい、健康な髪の毛の復活と維持のためには健康な頭皮がとても重要なのです。シャンプー後の排水溝、朝、起きたときの枕、そこにある抜け毛が薄毛からハゲに至る元凶かもしれないのです。

この時点で危機感を抱くことができれば、少なくともヘゲに至ることは阻止できる のではないでしょうか。

現在、抜け毛、薄毛の対策を行っている人にとっては、耳にタコができるほど聞いてきた事柄がずらりと並びますが「こんなことぐらいしってるよ!」「そんなことは常識!」という気持ちを少し抑えて、おさらいをするつもりで再度確認していただければと思います。

スポンサードリンク

薄毛の原因を再確認する

「薄毛というのは遺伝だからどうしようもない」と思っている人も多くはないかもしれませんが、遺伝と断言するまでには至っていないようです。仮に、父親がハゲていたとしても、薄毛自体が遺伝するのではなく、よく似た体質が受け継がれているという解釈のほうが一般的なのです。

ただ、AGA(男性型脱毛症)に関しては、100%遺伝が原因と言われますが、遺伝子が弱かったり、途中で薄毛の進行を妨げるものがあるとハゲないこともあり得るのです。

しかし、すべての薄毛について多くの場合、頭皮に悪影響を与えることを日常的に行っていることが多く、それが頭皮環境の悪化やホルモンバランスに影響し、薄毛を招くことになっているのです。

スポンサードリンク

 

頭皮環境を悪化させる要因

日常生活における、食生活、生活習慣、ストレス、シャンプーの方法やシャンプー剤などに問題があると、頭皮の環境に悪影響を及ぼし、抜け毛、薄毛を発症させる ことになるのです。

男性型脱毛症(AGA)

成人男性の薄毛のほとんどはAGA(男性型脱毛症)と言われています。このAGA(男性型脱毛症)は、5α-リダクターゼという還元酵素とテストステロンという男性ホルモンが結合することで、強い男性ホルモンを生成することが原因です。

この5α-リダクターゼの影響を受ける度合いは体質によって分かれます。このことからAGA(男性型脱毛症)は遺伝的要素が多いと言われているのです。

薄毛 予防 頭皮ケア

 

薄毛の予防対策

頭皮環境を正常な状態に保つことができれば、薄毛を防止できる可能性は高くなります。そこで重要なのが頭皮の状態で、乾燥したり、皮脂の分泌が多くなると薄毛を招く原因になってしまいます。

また、頭皮の下にある毛細血管の血流が滞ると血行不良を起こし、髪の毛は細く短くなって抜けやすく、新しい髪の毛は生まれにくく、生まれても成長が止まってしまいます。

頭皮や髪の毛にやさしいシャンプーを選ぶ

シャンプーの種類は大きく分けると、高級アルコール系、石けん系、アミノ酸系の3種類です。高級アルコール系シャンプーは、最近まで石油系シャンプーと呼ばれていたもので、洗浄力が強すぎるため、頭皮に大きなダメージを与えてしまいます。

石けん系シャンプーも洗浄力が強いため、薄毛の人にとってはダメージがあります。その点、頭皮や髪の毛にやさしいアミノ酸系シャンプーが薄毛の予防には最適だということはあきらかです。

アミノ酸系シャンプーを見分けるには、成分表の2番目に表記されている成分を見るとわかります。ちなみに、最初は水です、その成分名は「ココイル~」「ラウロイ~」「~ベタイン」という成分です。アミノ酸系シャンプーを購入する場合は、この表示を確認してください。

そこで、おすすめのシャンプーが、頭皮や髪の毛にやさしく刺激も少ない。アミノ酸系洗浄成分使用の本格派スカルプシャンプーの“モンゴ流シャンプー”です。アミノ酸系洗浄成分と30種類の天然植物成分が、抜け毛、薄毛を改善するための健康な頭皮をつくり上げてくれるのです。

薄毛予防に不可欠な栄養素

健やかな髪の毛が成長するには十分な栄養が必要です。栄養不足になると髪の毛も衰えてきます。食事によって摂り入れた栄養は血液によって身体のすみずみまで運ばれます。

頭皮や髪の毛毛栄養不足に陥らないためには、特に、髪の毛に必要な3大栄養素と言われる、タンパク質、ミネラル(亜鉛)、ビタミン(B2、B6)を中心に栄養バランスの良い食事を心がけることが大切です。

薄毛を予防する生活習慣

睡眠

健康な新しい髪の毛が次々と生まれ、成長していくためには、成長ホルモンが最も多く分泌される22時から2時の時間帯には質の良い睡眠をとる ように心がけましょう。

紫外線

頭は身体の中で最も太陽に近く最も強い紫外線を浴びていることになります。そのことで、頭皮や髪の毛は大きなダメージを受けていることになります。

そのダメージで髪の毛をつくる毛母細胞の活動が弱くなり、薄毛を進行させる原因になります。顔同様、頭皮にも万全な紫外線対策が必要です。

アルコール

多量の飲酒が身体に悪いことは誰でも知っています。その理由は、アルコールには毒性があるアセトアルデヒドが含まれ、肝臓がその毒性を分解しています。

アルコールが大量になると分解しきれなくなり、毒性を持ったアセトアルデヒドは血液によって全身に運ばれ、薄毛を助長することになります。

たばこ

たばこに含まれているニコチンは、血管を収縮させます。血管が収縮すると頭皮の下にある毛細血管の血流が滞りがちになり、酸素や栄養が行き渡らなくなり薄毛を招くことになります

薄毛の改善がなかなかうまくいかないという人は、必ず何かが抜けているはずです。薄毛予防のために、もう一度原因を見直していると、もしかしたら、あっ!という発見があるかもしれません。

薄毛関連の記事はこちらです。

参考にしてください。

薄毛を改善する決め手はシャンプー選び

スポンサードリンク

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加