頭皮の血行不良は薄毛を進行させる

頭皮 血行 薄毛

頭皮の下には毛細血管が網目状にびっしりと広がっています。髪の毛を生成し成長させていく毛根は、毛細血管から栄養を供給されています。もしも血行不良になると、毛細血管を通って運ばれてくる栄養が毛根に届かないので、髪の毛は生まれてくることはないのです。

もし生まれてきても、成長できないので抜け落ちていきます。このように頭皮の血行不良は、健康な髪の毛を成長させるためには絶対に阻止しなければならないのです。まず、血行不良を起こす原因を知ることから始めましょう。

スポンサードリンク

血行を阻害しているのは何か

薄毛に悩んでいる人が最初にすることとは、育毛剤の購入でも、シャンプーの切り替えでもありません。薄毛の進行に大きく関係している、血行不良を起こす原因を特定することです。

薄毛は、単独の原因で発生していることは少なく、ほとんど複数の原因が絡んでいるので、決して安易なことではありません。しかし、面倒くさがったり億劫がっていても何の解決にもなりません。ただ、ハゲに近づくだけです。

頭皮の血行を阻害する原因

頭皮の血行を阻害する原因は数多くありますが、その中でも「日常生活の習慣」が、頭皮や髪の毛に与えるダメージはかなりの大きさです。

毎日のように夜更かしが続いたり、仕事が忙しく帰宅が夜中になる日が多くなると、必然的に就寝時間が遅くなり「睡眠不足」になります。睡眠不足は集中力、記憶力、精神状態などいろいろなものに悪影響を与えます。もちろん、頭皮や髪の毛に対しても血行不良を起こし、薄毛を進行させます。

スポンサードリンク

また、好き嫌いが激しく、脂っこいものや揚げ物を中心とした高カロリー、高脂肪の「食生活」を続けていると、頭皮の血行不良を起こす可能性が高くなります。

さらに、社会人をはじめとする現代人のすべてが抱えている「ストレス」があります。人は大きなストレスを受けると自律神経が乱れ、血管が収縮し、血行不良を起こして薄毛を進行させてしまうのです。

血行不良を発生させる原因で忘れてはならないのが「運動不足」です。最近は男女関係なく多忙な日々を送っている人は少なくありません。そのため軽い運動は身体にいいことはわかっているのですが「忙しくて時間がない、仕事で疲れてやる気が起こらない」というのが本音ではないでしょうか。

頭皮 血行 薄毛

しかしはっきりしているのは、定期的にウォーキングやジョギングなどの運動を行っていがる人は、血行がスムーズで、それに比べ運動をまったくしていない人は、血行不良が起り薄毛の原因になるということです。

頭皮の血行不良を招く原因に「喫煙」があります。過度の喫煙はタバコに含まれているニコチンなどの影響で血管が収縮し、血行不良を引き起こすため、髪の毛の成長を阻害し薄毛を助長することになるのです。

また「過度の飲酒」もあります。“お酒はほどほどにしましょう”とよく言われますが、“飲んでもいいです”ということではありません。適量や一定量というのは個人差があって、自分の都合のいいように解釈できます。つまり“できるだけ少なくしましょう”という意味なのです。

上記原因の他にも、肥満や病気など挙げ始めるとキリがないくらい考えられます。しかし、大切なことは焦らないことです。薄毛の原因と言われていることがらは考えるまでもなく、日常生活の中に数多く潜んでいるのは確かです。

もともと薄毛やハゲの改善は長期戦なのです。自分の生活を振り返って、できることから一つずつクリアしていくことです。

頭皮関連の詳しい記事はこちらです。

参考にしてください。

頭皮を健康にする育毛シャンプーの成分

スポンサードリンク

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加