頭皮を健康にする育毛シャンプーの成分

頭皮 シャンプー 成分

年を重ねていくと、髪の毛が薄くなっていくのは、ある程度仕方のないことかもしれません。そんなことは言われるまでもなく理解しています。ただ、若いころと同じようにフサフサとは言わないまでも、薄いと言われないくらいの髪の毛は維持したい という気持ちが本音ではないでしょうか。

特に中年以降の男性は、体調が悪くなって、家族や同僚から病院に行ったほうがいいと言われても、なかなか行こうとはしません。自分から進んで病院に行くときには、どうにもならない事態になっていることが多いのです。

髪の毛においても、同じような気がします。本人が育毛シャンプーや育毛剤に興味を持ったときには、すでに抜け毛の段階を超え、薄毛が進行している状態になっているのでは、と安易に想像できます。

スポンサードリンク

育毛シャンプーを選ぶときの心構え

育毛シャンプーの成分は頭皮を健康にしてくれます。でも、ここまでくると、じたばたしたところで、どうにもなりません。気持ちを落ち着かせ、まず、頭皮の環境をよくすることを優先して、頭皮や髪の毛にダメージを与えないシャンプーを探しましょう。

そのためには、自分の薄毛のタイプを知ることです。そして、シャンプー選びのポイントや頭皮や髪の毛に効果のある成分、ダメージを与える成分などを知る必要があります。

頭皮の毛穴の詰まった皮脂やホコリなどの汚れをきれいに落とし、髪の毛が生まれやすく、成長しやすい頭皮環境にするということを前提に、自分の症状に合ったシャンプーを選ぶことが重要なのです。

シャンプーや育毛剤の成分名を知る

シャンプーや育毛剤に含まれている個々の成分名は、カタカナ表記で長く読みづらいという人がほとんどではないでしょうか。確かに長くて読みづらい品名が20種類以上並ぶと億劫になるのはよくわかります。

しかし、毎日使うシャンプーですから、主な成分ぐらいは目を通したほうがいい のでは
ないでしょうか。

頭皮 シャンプー 成分

シャンプーの組成

シャンプーに含まれている成分を知るためには、組成はどうなっているのかを知ると理解しやすくなります。シャンプーの組成は、大きく分けると、洗浄成分、防腐剤成分、育毛成分、香料成分です。この中でも、洗浄成分と防腐剤成分はシャンプーの安全性が確認された製品を得るために大切な成分です。

洗浄成分

界面活性剤と言われる成分すべてが、頭皮や髪の毛に悪影響を及ぼすわけではありません。洗浄成分に使われている界面活性剤には、角質層を破壊すると言われている石油系界面活性剤、生分解性(物質が微生物によって分解される性質)がよく、環境にやさしい石けん系界面活性剤、頭皮や髪の毛にやさしいアミノ酸系界面活性剤、刺激が少なく、肌にやさしいと言われるベタイン系界面活性剤などの種類があります。

また、洗浄成分の中には、角質溶解成分という、頭皮の角質を溶解する成分もあります。この成分は、ほとんどの育毛シャンプーに含まれていて、角質が水分を含んで柔らかくなり、フケを予防することができます。

最も刺激が強い成分は、ラウリル硫酸○○、ラウレス硫酸○○という名称のもの で、安価なため市販されているほとんどのシャンプーに含まれ、さらに、洗顔料やボディソープ、食器用洗剤などにも使われています。

防腐剤成分

防腐剤成分がシャンプーに必要な理由は水です。シャンプーの成分のなかで一番多いのが水なのです。水は微生物が繁殖しやすく、すぐに腐敗が進みます。シャンプーが腐敗を防止するための成分です。

育毛シャンプーの成分は、必ず頭皮を健康にしてくれます。頭皮や髪の毛にやさしいシャンプーかどうかは、洗浄成分と防腐剤成分を見ることで見極めることができるのです。

頭皮関連の詳しい記事はこちらです。

参考にしてください。

頭皮の悩みで最も多いのが乾燥

スポンサードリンク

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加