アミノ酸系シャンプーが抜け毛を予防する

シャンプー中-001

「すべての成人男性は薄毛になる可能性がある」と言われています。しかし、20代、30代においては薄毛や抜け毛に対して、危機感を持っている人はそれほど多いとは言えません。

しかし、40代になると、ちょっとでも抜け毛が目立つと必要以上にナーバスになる人たちが急激に増えてきます。代表的なケースの一つが、シャンプー後の抜け毛でしょう。

シャンプーで抜け落ちた髪の毛と、シャンプー時に体にくっついている髪の毛を流した後に排水溝に溜まった髪の毛の多さにドキッとしたことがある人は多いのではないでしょうか。

また、朝起きて、枕にくっついている髪の毛を見たとき にも、薄毛に対して危機感を抱きます。こんな状況は季節の変わり目、特に夏から秋にかけて起こりやすいようです。

スポンサードリンク

問題のない抜け毛と危険な抜け毛

抜け毛にはヘアサイクルの退行期にあって、抜けるべくして抜けている何の問題もない髪の毛と、薄毛の症状でハゲにつながる危険な抜け毛があります。この2種類の抜け毛を自分の目で見極められるようにすることが何よりも大切なのです。

その方法は2つあります。一つは抜けた髪の毛の状態、もう一つは毛根の形です。抜け毛が目立ってきたと感じたときに、ほとんどの人がいちばん気にするのが抜け毛の本数ですが、本当に大切なのは抜け毛の状態なのです。

細くて弱々しい、しかも短い、これは要注意の抜け毛です。早急に薄毛対策が必要です。もう一つ大切なのが、抜け毛の末端にある毛根の形ですが、通常、健康な髪の毛の毛根は、マッチ棒の先端の形をしています。これが極端に小さかったり、薄っぺらで丸みがない場合も危険です。

スポンサードリンク

この薄毛につながる、細くて弱々しく、短い髪の毛、毛根の形が変形した髪の毛、まずはその原因を追究し、改善策を講じなければ間違いなくハゲに移行してしまいます。

髪の毛や頭皮に刺激を与えないアミノ酸系シャンプー

抜け毛を発生させる原因のほとんどが頭皮の乾燥や血管の収縮です。それによって、頭皮の血行不良や皮脂の過剰分泌による毛穴の詰まりなどが起こり、頭皮環境の悪化により、抜け毛を招いてしまうのです。 

頭皮環境の悪化を招く要因としては、好き嫌いの激しい食事や睡眠不足、喫煙などの生活習慣が大きく関わっているのです。このことからも、抜け毛、薄毛の予防・防止は、頭皮の環境が結果を左右するといっても過言ではないのです。

頭皮環境を正常に保つことができるのは、洗浄成分にアミノ酸系の成分を使用し、髪の毛や頭皮に刺激を与えないアミノ酸系シャンプーが何といっても最適ではないでしょうか。
また、アミノ酸系シャンプーは、アトピー性皮膚炎で悩んでいる人、敏感肌や乾燥肌など、肌トラブルを抱えている人に支持されています。その理由は、アミノ酸系シャンプーには、汚れや不要な皮脂は洗い落とし、頭皮に必要な皮脂はきちんと保持してくれるという特徴を持っているのです。

●抜け毛-7

アミノ酸系シャンプーの特性

皮膚への刺激が強く、洗浄力の強すぎる洗浄成分を使用している、石けん系シャンプーや高級アルコール系シャンプーは、頭皮や髪の毛に大きなダメージを与えてしまいます。

このことから、抜け毛、薄毛を予防・防止したい人たちから絶大な支持を受けているのが、頭皮や髪の毛にやさしく、アミノ酸系の洗浄成分を使用しているアミノ酸系シャンプーです。

その特性は、頭皮や髪の毛にやさしい低刺激性、アミノ酸系の洗浄成分なので頭皮に必要な皮脂まで落とさない、頭皮にうるおいを与えるので乾燥肌を防止できる、髪の毛がしっとりしている、などが挙げられます。

アミノ酸系シャンプーが抜け毛防止の第一歩

抜け毛を予防、もしくは改善したい場合、何から手をつければいいのか、よくわからない人も多いのではないでしょうか。突き詰めていくと、最初にやるべきことは「頭皮の環境を整えること」に行き着くのです。

抜け毛の要因はさまざまですが、それらのほとんどは頭皮環境を悪化させるということがわかっています。そこで、日常生活を健康的におくることが重要ですから、睡眠不足、乱れた食生活、喫煙などをもう一度見直すことです。

もう一つ、頭皮環境を整えるために、最近、重要視されているのがシャンプーです。使用するシャンプーによって抜け毛を進行させていることが非常に多いのです。

ドラッグストアなどで購入できるシャンプーのほとんどは、頭皮や髪の毛に大きなダメージを与え、頭皮環境を悪化させます。

抜け毛を防いで健康な髪の毛を成長させていく頭皮をつくるためには、一刻も早くアミノ酸系シャンプーに変えるべきです。これが、誰にでもできる抜け毛予防・改善への第一歩なのです。

スポンサードリンク

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加