薄毛を改善する決め手はシャンプー選び

薄毛 改善 シャンプー

シャンプーは、石油系(高級アルコール系)、石けん系、アミノ酸系、という分類が一般的ですが、最近の薄毛を改善するシャンプー選びにおいては、もう一つの選択肢があるのです。それは「シリコン」と「ノンシリコン」という分類法です。

スポンサードリンク

シリコンとは

シリコンは、酸素とケイ素からできている有機化合物で、用途はコンタクトレンズやティッシュペーパー、洗濯用洗剤などたくさんあります。髪の毛に対しては、キューティクルに付着して髪をコーティングすることです。

ノンシリコンシャンプーとシリコンシャン

ノンシリコンシャンプーとシリコンシャンプーの違いは「使用感と洗い上がり」「髪と頭皮への影響」「商品の価格」という3つの違いがあります。

シリコンシャンプーのメリット

シリコンシャンプーは、洗い上がりがすっきりして髪の毛が軽くなったような軽快感があります。使い始めるとすぐに効果を実感することができます。

シリコンシャンプーは、その名のとおりシリコンが配合されているシャンプーです。シリコンにはいろいろなメリットがあります。

・髪の毛に光沢が出て、つややかな髪になる。薄毛 改善 シャンプー

・指通りや肌触りがよくなる

・髪と髪の摩擦を軽減する効果がある。

・髪の毛をドライヤーの熱風から保護する

・商品の値段が安い

このように使用感や洗い上がりが爽快なので、そういったところに魅力を感じている人が多いようです。

スポンサードリンク

 

 

シリコンシャンプーのデメリット

しかし、シリコンシャンプーには、デメリットもあります。シリコンシャンプーの特徴でもある頭皮や髪に吸着すやすいという性質のため、頭皮や髪の毛に残りやすい ので、ていねいに時間をかけて洗い流さないといけません。

もし、シリコンが頭皮や髪の毛に残ってしまうと、炎症を起こして髪の毛までも傷んでしまうので注意が必要です。

特にダメージが大きいデメリットは、シリコンが頭皮全体をコーティングしてしまう可能性が高いということです。

ていねいにすすいでおけば問題はないかもしれませんが、シリコンが頭皮全体をコーティングしてしまうと、毛穴の中にシリコンが詰まり、髪の毛の成長が止まり、頭皮のかゆみや抜け毛を発症することになります。

シリコンシャンプーは、髪の毛もコーティングしています。そのため、髪の毛に必要な栄養が吸収できなくなります。そういうことを考え合わせると、シリコンシャンプーは薄毛の改善のためには適していないということになります。

ノンシリコンシャンプーとは

シリコンが配合されていないシャンプーをノンシリコンシャンプーと言います。ジメチコン、シクロメチコン、シロキ、シリカ、メチコンなどが、シリコンの主な成分です。これらを配合していないシャンプーのことです。

ノンシリコンシャンプーのメリット

ノンシリコンシャンプーはシリコンが配合されていないので、シリコンが配合されているシリコンシャンプーのデメリットすべてをすでに解決しているということです。髪の毛に対してもダメージを与えることは一切ありません。

これは、薄毛の改善のためのシャンプーとしては大きなメリットと言えます。シリコンシャンプーを使っている人たちの中には、頭皮の痛みや炎症などを感じている人は多いようです。そういう人たちの頭皮を健康にしてくれるメリットもあります

ノンシリコンシャンプーのデメリット

ノンシリコンシャンプーにもデメリットがあります。それは、洗い上がりの感じがもう一つよくないこと、シリコンが配合されていないので髪の毛のまとまりが悪いことがあります。そのため、コンディショナーを使う場合も出てくるかもしれません。

ノンシリコンシャンプーのデメリットとしては

・髪の毛がきしむ

・髪の毛の光沢が減少する

指通りがよくない

値段が高い

以上のようなデメリットがありますが、薄毛の改善のためならコンディショナーやリンスを使って対応しましょう。もし、シャンプーが原因で薄毛が進行することを考えると、大したことではありません。

薄毛関連の記事はこちらです。

 参考にしてください。

薄毛を克服する対策には知識が必要

 

スポンサードリンク 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加