フィンジアは副作用がない!ミノキシジルが不安な方に最適!

フィンジアは副作用がない!

フィンジア 副作用

育毛歴はながいのですが、年齢的なこともありミノキシジルが使えなくなりました。

ミノキシジルはT製薬から発売されている「リアップ5」に配合されています。

ミノキシジルは元々血圧の薬の成分ですが、服用者の髪の毛が増えるという作用で一躍有名になりました。

私も長年「リアップ5」を使っていました。

高価な育毛剤で、薬局に買いに行くと、薬剤師さんから直接買わないと購入できませんでした。

ドラッグストアにパートの販売員さんしかいないと買えません。

買うときは、血圧の話やら、いろいろなアドバイスを受けての購入です。

それが、最近血圧が上がり内科で薬を処方してもらっています。

血圧を下げる成分をダブルで取ることになるので、血圧を下げる薬の服用者はミノキシジルが使えません。

ものすごく残念ですが仕方がありません。

でも、とてもいい育毛エッセンスを見つけました。

フィンジアです。

フィンジアに配合されている「キャピキシル」はミノキシジルの3倍の活性化力で注目を集めています。

フィンジア 公式サイト

フィンジア 副作用

フィンジアは副作用がない!

フィンジア 副作用

フィンジアの科学的背景を紐解いてみました。

2大最新スカルプ成分

キャピキシル5% ✖ ピディオキシジル2%配合!

キャピキシル

男性ホルモンと相反する女性ホルモン様物質といわれるイソフラボンを豊富に含む

「アカツメクサ」と、4つのアミノ酸で構成される「アセチルテトラペプチド-3」の合成成分。

ピディオキシジル

ヘアケア業界で注目される新スカルプ成分。

専門家が使用する合成成分では副作用が不安視されますが、ピディオキシジルではその心配がありません。

そしてカプサイシン独自配合!

キャピキシルとは?

フィンジア 副作用

「キャピキシル」は「アカツメクサ」と4種のアミノ酸で構成する「アセチルテトラペプチド-3」からなり、ミノキシジルをはるかに上回る活性化力で注目されています。

男性ホルモンと相反するといわれるイソフラボンを豊富に含む「アカツメクサ」と、 4つのアミノ酸で構成される「アセチルテトラペプチド-3」の合成成分で、別名ミノキシジル誘導体と言われ、注目される新スカルプ成分です。

ミノキシジルそのものでは副作用が不安視されますが、ミノキシジル誘導体ではその心配がありません。

キャピキシル含有成分「アセチルテトラペプチド-3」とミノキシジルを、毛包単位での成長速度で比較しました。

7日間の培養後、毛包の長さに差がでました。

5αリダクターゼに対抗

フィンジア 副作用

5αリダクターゼとは、薄毛の原因となる酵素です。

DHT(ジヒドロテストステロン)が薄毛の発生に大きく関係しているといわれています。

男性型ホルモンであるテストステロンは5αリダクターゼの働きで活発化して、DHT(ジヒドロテストステロン)に変換され、抜け毛・薄毛のきっかけになります。

キャピキシルは5αリダクターゼを抑制し、テストステロンがDHTに変質するのを抑制します。

ピディオキシジルとは?

フィンジア 副作用

男性型脱毛症の要因のひとつに、毛包の矮小化があります。

男性ホルモンにより毛髪の成長が短くなり、ヘアサイクルが短縮します。

本来なら成長を続ける時期に脱毛が起こり、抜け毛が増えて薄毛に移行します。

「ピディオキシジル」は頭皮のめぐりを促進するミノキシジル誘導体です。

ミノキシジルを誘導体にすることで、スカルプエッセンスへの配合を可能にした「ピディオキシジル」は、頭皮のめぐりをアップして、ヘアサイクル正常化に働きかけます。

「ピディオキシジル」はミノキシジルによく似た構造を持っていますが、副作用はありません。

カプサイシンとは?

フィンジア 副作用

不健康な頭皮は固くて、薄毛になります。

頭皮の血行が悪いと固くなります。

髪の毛が成長するには毛母細胞が血管から栄養をもらわなければなりません。

血流が悪いと毛母細胞が栄養をとれずに抜け毛の増加につながります。

頭皮が固く、栄養が行き届かないと毛髪は生えてきません。

固くなった頭皮を、カプサイシンの働きで刺激してめぐりをよくし、キャピキシルとピディオキシジルの2大成分を頭皮に届けます。

フィンジアを使ってみました

フィンジア 副作用

フィンジア 副作用

フィンジア 副作用

フィンジア原材料名

原材料名:

エタノール、水、BG、ピロリジニルジアミノピリミジンオキシド(ピディオキシジル)、アセチルテトラペプチド3(キャピキシル)、アカツメクサ花エキス(キャピキシル)、パンテノール、センブリエキス、ビワ葉エキス、褐藻エキス、グリチルリチン酸2k、トウガラシ果実エキス、ボタンエキス、フユボダイジュ花エキス、ヒキオコシ葉/茎エキス、ヒオウギエキス、キハダ樹皮エキス、メントール、グリセリン、クエン酸Na、クエン酸、デキストラン、PEG40-水添ヒマシ油、ラウラミンオキシド、フェノキシエタノール

フィンジアは副作用がない! まとめ

フィンジア 副作用

キャピキシルもピディオキシジルも限界濃度まで配合されています。

さらに、カプサイシンを加えたテクノロジーを導入。

ヘアサイクルが正常になるためには3ヵ月から9か月程度を要します。

続けると効果が現れてきますので、しっかりケアしていきましょう。

フィンジア 公式サイト

フィンジア 副作用

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加