ヘアマックスの低出力レーザーで発毛

育毛-1

どんなに優れた育毛成分が配合されていようが、厚生労働省をはじめ世界が認めている発毛剤でも、使用した人全員が薄毛が改善されているわけではないのです。

A育毛剤では効果が得られなかった人が、B育毛剤で効果が出たというケースもあれば、それとは逆に、B育毛剤では出なかった効果がA育毛剤で得られたというケース、また、A、B両方の育毛剤では効果がなく、C育毛剤で効果が出たというケースなど、人それぞれで、髪質や体質によって、まったく違う結果になっているのです。

その証拠と言っては何ですが、医薬部外品の育毛剤においては、数多くの製品が市場に溢れているではありませんか。しかも、育毛剤によって目的が異なるため、使用する人によって優劣が生じるのです。

よく言われている「自分に合った育毛剤を選びましょう」という意味が理解できたのではないでしょうか。

スポンサードリンク

また、厚生労働省から認可されている医薬品の育毛剤については、発毛効果は認められているものの副作用のリスクがあり、これを嫌って敬遠する人も少なくありません。

独断と偏見の数字ですが、医薬部外品の育毛剤を使用して希望通り薄毛が改善できた人は10%に満たないのではないかと思われます。また、厚生労働省が認可しているプロペシアとミノキシジルで治療した人でも30%、多く見積もってもせいぜい40%程度ではないでしょうか。

ヘアマックスの具体的な効果

現在、数社が育毛レーザー低出力治療器を販売していますが、その中でもヘアマックスだけが、FDA(アメリカ食品医薬局)から認可されています。厳重な審査で有名なFDAが認可したということは、すでに認可されているプロペシアとミノキシジルと同等の育毛効果があるということです。

ヘアマックスのメリットとデメリット

ヘアマックスの具体的な効果としては、AGA(男性型脱毛症)やFAGA(女性男性型脱毛症)など、男性ホルモンによって発症した薄毛に対しては、確かな効果が認められています。

メリット

・最初に購入すれば、10年から15年使えるので非常に経済的です。保証期間が2年間あるので、万が一、故障した場合でも安心です。また、育毛剤のようにその都度購入する必要はありません。

薄毛-1・育毛剤との併用ができ、副作用はほぼありません。

デメリット

・安い製品で3万円くらい、高い製品になると10万円くらいで高価です。

・安い製品は低出力レーザーの照射時間が1回15分くらいなので腕が疲れます。

一見高そうに見えるヘアマックスが、なぜ経済的かという理由はこうです。ヘアマックスは約10万円。医薬部外品の育毛剤の平均額は約1万1千円で、1本を2ヶ月で消費したとします。ヘアマックスの保証期間である2年間、育毛剤を使い続けた場合、合計で13万2千円にもなるのです。

ヘアマックスの使い方

レーザーの個数によって照射時間は変わりますが、使い方はすべて同じです。ヘアマックスは毎日照射する必要はありません。週3日で十分なのです。

1回の照射時間は90秒から15分まであります。低出力レーザーの照射後、4秒ごとに0.5インチ(12.7mm)ずつ移動させます。

ちなみに、商品名の後に入っている数字が大きいほど、本体価格が高く優秀な機能が付いています。しかし、それによって発毛効果の優劣が生じることはありませんので安心してください。

もともと医薬部外品の育毛剤は、発毛を促進したり、抜け毛を予防するという効果しかないのです。ということを総合的に考え合わせると、ヘアマックスという育毛レーザー低出力治療器を選択するという考え方は、理にかなっています。

ヘアマックスにつての詳しい記事はこちらです。
ぜひ参考にしてください。

ヘアーマックスの効果は信頼できる

スポンサードリンク

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加