発毛を促進させる低出力レーザー

%e8%96%84%e6%af%9b-137

髪の毛の悩みは本人にとって大きなダメージになります。切り傷や骨折の場合は、完治するまでの期間はおよそわかりますが、薄毛は、改善できるかどうか、また、どのくらいの期間なのか、予想することさえできません。

ひょっとしたら、改善できる日が来ないかもしれないのです。これは今までの薄毛治療においても同様です。

発毛剤として圧倒的なシュアを誇っているプロペシアとミノキシジルにおいても、成人男性限定とか副作用の可能性など、全幅の信頼がおける発毛剤とは言えません。

スポンサードリンク

新たな薄毛治療のメカニズム

そこに、新たな薄毛治療方法が出現したのです。それが、発毛を促進させる低出力レーザーのヘアマックスという育毛器です。650ナノメートル(nm)の低出力レーザーを髪が薄くなっている頭皮に照射して発毛を促すというメカニズムの薄毛治療機器です。

なぜ、レーザーの波長が650nmなのか、それは、FDA(米国食品医薬品局)というアメリカの公的機関が臨床試験の結果「650nmの低出力レーザーに発毛効果が認められる」と発表しているのです。

FDAが認定しているヘアマックスの発毛効果

今までのAGAの薄毛治療薬は、成人男性限定でしたが、FDA(米国食品医薬品局)は、男性のAGA(男性型脱毛症)、女性のFAGA(女性男性型脱毛症)、それぞれに発毛効果があると認定しています。さらに、FDA(米国食品医薬品局)は、ヘアマックスの育毛器自体の安全性%e3%82%b7%e3%83%a3%e3%83%b3%e3%83%97%e3%83%bc%e4%b8%ad-1も保証しています。

副作用がない薄毛治療

発毛効果ではありませんが、発毛を促進させる低出力レーザーのヘアマックスの薄毛治療方法は、低出力レーザーを頭皮に直接照射することによって、毛母細胞を活性化し、発毛を促すというメカニズムなので、副作用は一切ありません。

AGAの薄毛を治療中の男性は、成人男性の3人に1人と言われています。この治療の大半が投薬治療によるもので、治療薬にはプロペシアが使われています。

もともとすべての薬には、必ずと言っていいほど副作用があり、人よっては、副作用がない薬はあり得ないと断言している人もいるのです。カゼ薬を服用後、眠くなる人、体がだるいと感じる人、などさまざです。

AGA治療薬の代表的な副作用は、性欲の減退、勃起機能の低下が認められています。実際、可能性は低いとされていますが、ユーザーとしては、ゼロでない限り使いたくないという人がいても、ごく当たり前の現象ではないでしょうか。

発毛を促進させる低出力レーザーのヘアマックスが持っている「副作用がない」というのは、世界が認めているプロペシアとミノキシジルには、残念ながらありません。これが第3の育毛方法と言われ、プロペシアとミノキシジルと同等、もしくはそれ以上と評価されているのです。

この発毛を促進させる低出力レーザーのヘアマックスの最大の特徴でもある「副作用がない」ということが、どれほど凄いことか思い知らされるときが来るかもしれません。

1300万人に及ぼうとしている薄毛の男性たち、最近、増えている髪の毛が薄くなった女性たちには、発毛を促進させる低出力レーザーのヘアマックスは、本当に安心して薄毛治療に専念できる育毛器ということです。

ヘアマックスについての詳しい記事はこちらです。ぜひ、参考にしてください。

ヘアーマックスの効果は信頼できる

スポンサードリンク

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加