低出力レーザー照射が発毛を促進する

%e8%96%84%e6%af%9b-120

低出力レーザーを照射するだけで発毛効果を得ることができるヘアマックス。それは、照射する低出力レーザーが頭皮全体を刺激し、毛母細胞を活性化。その結果、アデノシン三リン酸を増やし、細胞分裂を活発にします。

アデノシン三リン酸とは「adenosine triphosphate」からATPと呼ばれることが多く、すべての生物が持っているエネルギー源で、細胞内でエネルギーを生成するはたらきを持っている体内物質の一つです。

また、髪の毛の生成にも大きな影響力があり、アデノシン三リン酸が増えれば増えるほど毛母細胞の分裂が活発になり、髪の毛の生成力、成長力を遺憾なく発揮できるのです。

つまり、ヘアマックスの低出力レーザーの照射が、アデノシン三リン酸を増やし、毛母細胞を活性化させ、発毛を促進する原動力になっているということです。

スポンサードリンク

発毛の根幹をなしている毛母細胞

あなたは、抜けた髪の毛をじっくり見たことがありますか。抜けた髪の毛をよく見ると、根元が楕円に膨らんでいるのがわかります。これが毛乳頭です。

この毛乳頭は、頭皮の下に網目状に細かく広がっている毛細血管によって運ばれてきた、たっぷりの栄養と新鮮な酸素を、髪の毛を生成する毛母細胞へ行き渡らせる大切な役目を担っているのです。その毛乳頭の周りを包んでいる細胞が毛母細胞です。

毛乳頭からたっぷりの栄養と新鮮な酸素を受け取った毛母細胞が、細胞分裂を繰り返すことによって、髪の毛が生まれ、成長していくのです。

この毛母細胞のはたらきが緩慢になると、せっかく生まれて、これから成長して行こうとしている髪の毛が抜けたり、新しい髪の毛が生成出来なくなったりします。このことからもわかるように、発毛の根幹をなしているのは毛母細胞と言っても過言ではないのです。
ちなみに、毎日カミソリでひげをきれいに剃っても、毛抜きで抜いても、すぐに生えてくるのは、毛根が残っているからです。永久にムダ毛が生えてこないようにするには、毛母細胞を壊%e8%96%84%e6%af%9b-09滅させなければならないということです。

低出力レーザー薄毛治療はヘアマックス

低出力レーザー照射が発毛を促進するヘアマックスも徐々に認知度も上がり、それに伴い低出力レーザー治療を行うクリニックも増えつつあります。しかし、クリニックにおけるレーザー治療は、1回照射するたびに費用が発生します。これが長く続くと、経済的に大きな負担になってきます

そこでおすすめしたいのが、低出力レーザー照射が発毛を促進するヘアマックスです。ヘアマックスは、世界が認めている発毛剤のプロペシアとミノキシジルに匹敵する発毛効果が認められています。また、プロペシアとミノキシジルにない強みをもっています。
 

低出力レーザー照射が発毛を促進するヘアマックスは、アメリカ食品医薬局(FDA)から認定を受け、高い安全性と副作用が日本で唯一保証されています。

FDAとは、Food Drug Administrationの略で、アメリカの公的機関で、日本の厚生労働省といったところでしょうか。品質管理や安全基準に対し厳しい審査や規則が設定されています。ヘアマックスは、これらの基準を時間をかけてクリアしたのです。

低出力レーザー照射が発毛を促進するヘアマックスは、成人であれば年齢・性別に関係なく使用することができます。また、頭皮のかゆみ、かぶれなどのトラブルがあっても、それ以上悪化することはありません。

ヘアマックスについての詳しい記事はこちらです。ぜひ、参考にしてください。

ヘアーマックスの効果は信頼できる

スポンサードリンク

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加