AGAの薄毛を改善するヘアマックス

%e8%96%84%e6%af%9b-127

30代以降の日本人男性の3人に1人が、髪の毛が徐々に薄くなっていくAGA(男性型脱毛症)を発症していて、その数は1200万人とも1300万人とも言われています。自分で気づく人の場合、生え際の後退が一番多いようです。

年々、頭皮や髪の毛にやさしいアミノ酸系シャンプーや育毛シャンプーなど、育毛アイテムも充実しています。ところが、AGA(男性型脱毛症)を発症は、沈静化するどころか、発症年齢が徐々に低くなり、20代で発症する男性が増えているようです。この状態が長く続くと、AGAの薄毛人口が2人に1人という時代は、そう遠くはないと思われます。

スポンサードリンク

AGAの薄毛を改善する低出力レーザー

そんな、AGA(男性型脱毛症)の薄毛を改善するというのが、低出力レーザー育毛器のヘアマックスです。ヘアマックスは、副作用がないので成人であれば、年齢、性別に関係なく、発毛効果を実感することができるのです。

レーザーバンド82について

AGAの薄毛を改善するヘアマックスの商品ラインアップには「レーザーバンド82」「ウルティマ12」「プロフェッショナル12」「プリマ7」「アドバンス7」の5種類があります。

商品名の最後尾の数字は、レーザーモジュールの数をあらわしています。このレーザーモジュールの数によって、低出力レーザーを頭皮に照射する時間が変わってきます。

レーザーモジュールの数が多いと時間は短く、少ないと時間は長くなります。商品によって90秒から15分という幅はありますが、効果が変わることはないので安心して使えます。 
AGAの薄毛を改善するヘアマックスの商品ラインアップの中で、最もグレードの高いレーザーバンド82は、82個のレーザーモジュールを搭載している製品で、1か所30秒の照射を3回移動するだけで、生え際から後頭部まで精度の高い照射ができるのです。合計時間はたったの90             %e2%97%8f%e8%96%84%e6%af%9b-3秒、使用頻度は週3回という誰でも継続できる気軽さです。

FDAに認定されているのはヘアマックスだけ

低出力レーザー育毛器は、ヘアマックスの他にも多くのメーカーが販売しています。しかし、FDA(米国食品医薬品局)から高い安全性と、発毛効果が認められているのは、日本ではヘアマックスだけなのです。

他社製品の中には、低出力レーザー育毛器は、メーカーに関係なくすべてが認定を受けているような印象を与えているものもあります。また、低出力レーザー(LLLT)ではなく、発光ダイオード(LEDT)であるにもかかわらず、低出力レーザーと称しているメーカーもあります。

ちなみに、LLLTとLEDTの療法を簡単に言うと、LLLTは髪の毛の成長を促す目的、LEDTは傷や炎症の鎮静化や皮膚の安定化が目的、という違いがあります。ただ、発光ダイオードにも育毛効果があるのではないか、ということで、研究されている段階です。

650nmの低出力レーザーを頭皮に照射すると、血管が拡張され、頭皮の下にある毛細血管の血流がスムーズになります。すると、毛母細胞が活性化し、細胞分裂が活発になります。そして、新しい髪の毛が次々に生まれ成長していくのです。

AGAの薄毛を改善する低出力レーザー育毛器のヘアマックスは、薄毛の進行を抑制しながら、健康な髪の毛の成長を促進させる画期的な薄毛治療法と言っても、決して言い過ぎではありません。臨床試験においては、ほとんどの人は治療開始後16週間で発毛効果を実感しています。

ヘアマックスについての詳しい記事はこちらです。ぜひ、参考にしてください。

ヘアーマックスの効果は信頼できる

スポンサードリンク

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加