発毛効果が実証されているヘアマックス

%e8%96%84%e6%af%9b-120

発毛効果が実証されているヘアマックスは、FDA(アメリカ食品医薬局)でも認可されており、日本でも注目度は急上昇しています。

しかし、過去、いろいろな育毛方法を体験して、満足できる結果を手にすることができなかった多くの人たちは、安全で副作用もなく、ランニングコストも低い育毛方法を待ち望んでいたのではないでしょうか。

そこに、低出力レーザーを頭皮に照射するだけで、薄毛治療ができるヘアマックスというFDA(アメリカ食品医薬局)も認定している育毛器が出現したのです。しかし、この育毛器の存在を知ったとしても、すぐに飛びつくのには勇気が必要です。

「低出力レーザーを頭皮に照射するだけで、なぜ、髪の毛が生えてくるの?」と考える人も少なくありません。このメカニズムをわかりやすく言うと「低出力(650nm)レーザー光線を薄毛が気になる部分に照射して、毛母細胞を活性化し、髪の毛の成長を促進させる」と言うことです、

この発毛効果が実証されているヘアマックスの低出力レーザー育毛器は、プロペシアやミノキシジルを使用した育毛方法に比べると、後発なので、まだ認知度は高いとは言えないのが現状ですが、認知されるのにはそれほど時間はかからないと思われます。

スポンサードリンク

低出力レーザーの数値

この発毛効果が実証されているヘアマックスの低出力レーザー育毛器の出力は、650nm(ナノメートル)で赤い光の波長なのです。

なぜ、この波長が発毛効果をもたらすのか、それは、FDA(アメリカ食品医薬局)という公的機関が「650nmの低出力レーザーには、発毛効果が認められる」と発表しているのです。

650nmの低出力レーザーを継続して、頭皮の毛根に照射することで、毛母細胞が活性化することで細胞分裂が活発になり、髪の毛が生まれ、成長することが実証されているのです。ちなみに、緑の光の波長は550nm、青い光の波長は450nmです。

ヘアマックスがもたらす発毛効果のメカニズム

発毛効果が実証されているヘアマックスの、650nmの低出力レーザーを気になる薄毛の部分に継続して照射することで、頭皮の下にある毛細血管が拡張し、血流が改善されると、毛母細胞に十分な栄養と新鮮な酸素が行き渡ります。

すると、毛母細胞が活性化し、髪の毛が次々と生まれ、健康な髪の毛へと成長していきます。%e2%97%8b%e8%96%84%e6%af%9b-05ヘアマックスを使い始めて4週間で、発毛効果を実感した人は93%というデータもあります。

プロペシアとミノキシジルを凌駕している?

発毛効果が実証されているヘアマックスは、安全性が高く、副作用の心配もない ということが、FDA(アメリカ食品医薬局)によって認定され、保証されています。

FDA(アメリカ食品医薬局)とは、品質管理や安全基準に対して厳しい審査で有名なアメリカの公的機関です。発毛効果が実証されているヘアマックスは、長い時間をかけて承認された、画期的な低出力レーザー育毛器なのです。

発毛効果が実証されているヘアマックスは、副作用がないことから、成人であれば性別、年齢に関係なく老若男女が使用出来ます。ヘアマックスは、かゆみや炎症などの頭皮トラブルがあっても、それ以上悪化することはありません。

特に最近、FAGA(女性男性型脱毛症)を発症している女性が増えているようですが、男性には最高の発毛剤であるプロペシアとミノキシジルですが、女性には問題が多すぎて使用することができません。

発毛効果が実証されているヘアマックスは、女性はもちろん、年齢、性別に関係なく使用することができるのです。ヘアマックスは、プロペシアとミノキシジルにない強みを持っているのです。これが、プロペシアとミノキシジルを凌駕していると言われている
理由でしょう。

ヘアマックスについての詳しい記事はこちらです。ぜひ、参考にしてください。

ヘアーマックスの効果は信頼できる

スポンサードリンク

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加