画期的な育毛成分の効果は凄い?

育毛成分 効果 凄い

最近、もしかして育毛剤の歴史を変えるかもしれない育毛成分が登場し、注目を集めています。現在、発毛・育毛効果といえば、プロペシアとミノキシジルの独壇場ですが、この2つに匹敵するような画期的な育毛成分なのです。

北海道ミツイシコンブから抽出されたエキスである“M-034”。ミノキシジル誘導体と言われている“ピディオキシジル”。カナダの化粧品会社「LUCAS MEYER COSMETICS社」が開発した“キャピシル”です。

スポンサードリンク

画期的な3つの育毛成分

画期的な3つの育毛成分の効果は凄いと言われていますが、どの程度なのか、この成分が配合されている育毛剤は何か、などもう少し詳しく見ていくことにしましょう。今まで、育毛剤をとっかえひっかえ使っても、効果を実感したことがない人も、今までとは違う結果を得ることができるかもしれません。

M-034という成分

M-034は、北海道ミツイシコンブから抽出されたエキスで、厚生労働省が認可した医薬部外品の育毛剤に配合されている成分です。

北海道ミツイシコンブは、対馬海流と千島海流がぶつかる北海道南部の日高沖に自生している天然のミネラルが豊富に含まれている昆布です。

M-034はミノキシジルに匹敵する育毛効果がある。

M-034は天然由来成分なのに、薄毛治療薬で有名な医薬品であるミノキシジルに匹敵する効果があるということは、比較実験において実証されています。その実証されている効果は、血管の拡張です。

血管が拡張すると、頭皮の下に網目状に張り巡らされている毛細血管の血流が良くなり、毛根に新鮮な酸素と栄養がたっぷり運ばれ、それにより髪の毛が生成され発毛・育毛につながります。

また、M-034には頭皮環境を整える効果もあります。髪の毛が生まれて健やかに成長していくには、頭皮環境は重要です。頭皮の環境が悪化すると効果が大きい治療薬を服用しても、無駄になってしまいます。

スポンサードリンク

M-034には副作用がない

発毛・育毛効果があるとわかっているプロペシアやミノキシジルには、副作用の恐怖がつきまとい、躊躇している人も少なくないのではないでしょうか。それを考えるとM-育毛成分 効果 凄い034は天然由来成分なので、副作用を気にする必要はありません。

M-034が配合されている育毛剤

BUBKAは最初にM-034を配合した育毛剤です。M-034が注目されていることもあって、BUBKAの人気は確固たるものになっています、人気ランキングでも、常に上位に挙げられてはいます。

チャップアップも注目度が高いM-034を配合し、BUBKAとほぼ同じ配合成分でありながら、低価格が支持され、売り上げNo1になっています。

キャピキシルの成分と効果

キャピキシルは、カナダの化粧品会社「LUCAS MEYER COSMETICS社」が開発した育毛成分です。「アカツメクサ花エキス」とアミノ酸によって組成された「アセチルテトラペプチド3」を組み合わせた成分です。

「アカツメクサ花エキス」に含まれている「ビオカニンA」という成分は、AGAの原因である5α-リダクターゼを阻害する働きがあります。

また、アミノ酸によって組成された「アセチルテトラペプチド3」は、発毛剤として言わずと知れたミノキシジル以上の育毛効果があると言われている成分なのです。つまりキャピキシルは、プロペシアとミノキシジルを合わせた育毛成分ということです。

キャピキシルには副作用はない発毛・育毛効果が国内外で認められているプロペシアとミノキシジルですが、副作用のリスクがつきまとっています。そのリスクを避けたいという人も多く、使用することを踏みとどまっています。

その点、キャピキシルは、天然由来成分なので身体にダメージを与えるような副作用の危険性は一切ありません。

キャピキシルが配合されている育毛剤

最近になって、キャピキシルを配合した育毛剤が発売されています。その商品がDeeper 3Dという育毛剤です。

Deeper 3Dが支持されているのは、今一番注目を集めているキャピキシルという、プロペシアとミノキシジルを合わせたような育毛成分が配合されているということが、一番の理由ではないでしょうか。しかし、他の育毛剤と比較すると、価格が高いのが気になります。

ピディオキシジルとは

ピディオキシジルは、ミノキシジルと同じような分子構造を持った育毛成分で、ミノキシジル誘導体と言われています。ミノキシジルよりも浸透力を高めることで、より高い効果を発揮することができるのです。

ピティオキシジル(ミノキシジル誘導体)の効果

ピディオキシジルの育毛効果は「頭皮の血行促進」「毛母細胞の活性化」などがあります。頭皮の血行が悪くなると、髪の毛に必要な酸素や栄養が頭皮のすみずみまで行き渡らなくなり、抜け毛や薄毛を発症します。

毛母細胞は髪の毛が生まれ、健やかに成長していくためになくてはならない細胞です。毛母細胞の働きが低下すると、髪の毛は生えてくることはできません。

ピディオキシジルは、ミノキシジルの「吸収力が弱い」「副作用の危険性がある」というデメリット部分を払拭した成分なのです。また、副作用もミノキシジルよりも格段に低くなっています。

ピディオキシジルが配合されている育毛剤

フィンジアは、2015年夏に発売され、すでに多くの人たちから支持されている育毛剤です。キャピキシル、ピディオキシジル、カプサイシンの3つが主成分で、キャピキシル5%に加え、ピディオキシジル2%が配合された高性能育毛剤です。

 
画期的な育毛成分の効果は凄いと言われている“M-034、キャピキシル、ピディオキシジルの共通している特徴は「副作用がない」ということです。効果が高いとわかっていても、副作用の怖さは誰もが気になるところです。

そこに登場したのが、今までになかった育毛効果があり、しかも副作用がないということであれば、見過ごすわけにはいかないでしょう。特に、副作用だけがネックになっていた人にとっては、待ちに待った育毛剤かもしれません。

育毛関連の記事はこちらです。

参考にしてください。

育毛の失敗は改善の第一歩

スポンサードリンク

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加