医薬部外品の育毛剤選びは最初が肝心

%e8%96%84%e6%af%9b-100

中年にさしかかり、薄くなった生え際をながめながら、そろそろ薄毛対策を始めないとヤバいことになるのではないか、と不安になっている男性は決して少なくありません。この人たちが最初に行う薄毛対策は、育毛剤の選択でしょう。

あいかわらず人気があるのは医薬部外品の育毛剤です。医薬品の育毛剤もありますが、医師の処方箋が必要だったり、病院やクリニック、薬局など、購入が制限され、面倒くさいことや、副作用に対してシビアな考えを持っている人が多いのも人気の要因になっているようです。

スポンサードリンク

医薬部外品の育毛剤のそれぞれの目的

「自分の薄毛の症状に合った育毛剤を選びましょう」という文言は、医薬部外品の育毛剤選びのポイントには、必ずといっていいくらい記載されています。

これをどう解釈するかで、失敗と成功という相反する結果があり得るのです。それには、医薬部外品の育毛剤の特徴ともいうべきことが大いに関係しているのです。

まず、医薬部外品の育毛剤は、各社それぞれ違った目的を持った商品が販売されています。大きく分けると「男性ホルモンの抑制」「頭皮の血行促進」「毛母細胞の活性化」の3種類があります。

「男性ホルモンの抑制」は、テストステロンという男性ホルモンが、還元酵素によってジヒドロテストステロンという強力な男性ホルモンに変化し、薄毛を助長します。この薄毛を予防・改善するには、男性ホルモンの抑制が必要という育毛剤です。

「頭皮の血行促進」は、頭皮の毛細血管の血流を改善し、毛母細胞の活発な分裂を促すという目的の育毛剤です。

「毛母細胞の活性化」は、健康な髪の毛が生まれ成長していくには、毛根の毛母細胞に十分な栄養と新鮮な酸素が不可欠です。そして、髪の毛が生まれやすく成長しやすい頭皮環境にするという目的の育毛剤です。

自分の薄毛の症状に合った育毛剤をどう選ぶ?

自分の薄毛の症状に合った育毛剤を選ぶには、いくつかのポイントがありますが、もともと自分の薄毛の症状にピッタリ合った育毛剤を探し当てるのは、困難を極めるとか奇跡に近いという言葉が使われるくらい厳しいようです。

しかし、ある程度の効果を期待できるような育毛剤を探さなければ、時間と費用を浪費しただ%e8%82%b2%e6%af%9b%e5%a4%a7-01けに終わってしまいます。

<男性ホルモンを抑制したい薄毛の場合>

家族や親類に薄毛の人が多い場合は、薄毛の体質を受け継いでいる可能性が高く、育毛剤を選ぶ際は、男性ホルモンを抑制して、薄毛の改善をする目的の育毛剤を選ぶ ようにするといいでしょう。

<頭皮の血行不良が原因の薄毛の場合>

過度の喫煙、運動不足、紫外線の浴びすぎは、頭皮の血行不良を起こしているケースが多く、血行の促進に主眼をおいた育毛剤を選ぶ ことが大切です。

<不規則な生活習慣が原因の薄毛の場合>

仕事で遅くなったり夜遊びが続くと、当然、睡眠時間が不足します。また、好き嫌いが激しく、高カロリー、高脂肪の食事ばかりをしていると、栄養のバランスが崩れ、髪の毛を成長させる栄養が不足してしまいます。

この場合は、髪の毛が生まれやすく、成長しやすい頭皮環境にするという目的の育毛剤を選ぶようにします。

医薬部外品の育毛剤を選択すると決めた人が、効果に対する不安や疑問が募らないように、事前に知っておかなければならない大切なことがいくつかあります。

まず、一般的な医薬部外品というのは、病気の治癒を目的としたものではなく“予防”というところに主眼をおいています。育毛剤の場合は、今ある髪の毛の保護と脱毛予防、そして、髪の毛の成長促進が目的です。

次に、医薬部外品の育毛剤には、もちろん育毛に対する有効成分は配合されていますが、体にやさしい天然成分が数多く配合されているので、副作用の問題は皆無と言っていいでしょう。

最後に、医薬部外品の育毛剤を使って薄毛治療をする人にとって、ここが最も重要なのです。それは“自分の薄毛の症状に合った育毛剤を選ぶ”ことです。これら3つのことは忘れないようにしてください。

M-1育毛ミスト についての詳しい記事はこちらです。ぜひ、参考にしてください。

m-1ミストの口コミはどう?|m-1ミストの効果はありますか?

スポンサードリンク

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加