ハゲの兆候に気づけば早めの予防ができる

はげ 兆候 予防

ハゲはやっぱり予防することが一番でしょう。それには、ハゲるまでの行程を逆から考えてみるとわかりやすいのではないでしょうか。まず、ハゲる前の段階は、抜け毛が徐々に増え、生え際や頭頂部が薄く感じるようになります。

それが進行すると、頭皮が透けて見えるようになってきます。ここまでくるとハゲていることを実感し、自分でも認識するようになります。しかし、問題は抜け毛が気になる前の段階です。

髪の毛が抜け始めるには理由があります。それは、頭皮環境が悪化するすることで起こります。なぜ悪化するのか、これにも原因があります。血行不良や頭皮の乾燥、皮脂の過剰分泌などいろいろ複雑に絡んでいます。

しかし、スタートはここではありません。頭皮環境が悪化がし始めると、かゆみやフケが発生します。ここがハゲの兆候だと考え“このまま放っておくとハゲてくる”と真剣に思うことです。ここがハゲになるか、ならないかのターニングポイントになるのです。

この考えでいくと、頭皮環境悪化の原因は不規則な生活習慣が大部分を占めているので、不規則な生活習慣を改善することでハゲは防止できるのではないでしょうか。

スポンサードリンク

ハゲの兆候

ハゲの兆候に気づけば早めの予防ができます。ハゲの兆候を感じとるというのは、本人しかわかり得ない微妙な感覚です。

その兆候を見逃したり、無視してはいけません。気づいた時点ですぐに対応することが大切なのです。すでにハゲが進行している人も、あきらめる必要はまったくありません。

生活習慣の見直し

生活習慣の中でも、髪の毛に大きな影響を与える、睡眠、食生活、ストレス、たばこ・アルコールをもう一度見直して、ハゲの予防に役立てましょう。

スポンサードリンク

睡眠不足を改善してハゲを予防

髪の毛の成長に大きく関与しているのが睡眠です。良質な睡眠は成長ホルモンの分泌を促進し、毛母細胞の分裂を活性化します。しかし、睡眠が不足すると血管が収縮し、血行不良を招き抜け毛や薄毛の原因になります。

血行不良になると、髪の毛を生成する毛母細胞に新鮮な酸素や栄養が届かなくなるので、髪の毛を生成することができなくなります。ハゲを予防するには、血行不良を起こはげ 兆候 予防さないように質の良い睡眠をとることが、髪の毛にとっては重要なのです。

偏った食生活を改善してハゲを予防

脂っこい食事ばかりを続けていると、皮脂が過剰に分泌されるようになります。すると、余分な皮脂やホコリが混じった老廃物が毛穴に詰まり、毛母細胞が栄養不足に陥り抜け毛が増えてきます。

健康な髪の毛を生成し、ハゲを予防するには、タンパク質、ビタミン、ミネラルなど、栄養バランスに優れた食生活を心がける必要があります。

もう一つ、不規則な食生活があります。それは「寝る直前に食べる」「ドカ食いをする」「過激なダイエット」「外食中心の食事」などです。

説明するまでもありませんが、「寝る直前に食べる」「ドカ食いをする」は、血流を悪くします。「過激なダイエット」は、髪の毛に必要な栄養が不足します。「外食中心の食事」は、毛穴が詰まります。

このような食事の仕方は、すべてハゲの原因になります。心当たりがある人は早急に改善したほうがいいでしょう。

ストレスを発散してハゲの予防

現代社会において、ストレスをまったく感じていないという人はいないと断言してもいいくらいです。人はストレスを受けると、血管が収縮し血行が悪くなります。そうなると、頭皮のすみずみまで髪に必要な栄養を送ることができません。そのため、抜け毛が増え、ハゲの原因になります。

ストレスを抱え込んでしまう人は、意識してストレスを発散しなければ、血行を正常に戻すことはでません。ストレスを発散する方法としては「熱中できるスポーツをする」「楽しくできる趣味を持つ」「リラックスできる時間をつくる」などを積極的に行い1日も早くストレスを解消してハゲの予防をしましょう。

禁煙をしてハゲの予防

喫煙すると、たばこに含まれているニコチンの影響で「血管が収縮し血行不良を起こす」「薄毛の原因をつくる男性ホルモンの増加」「髪の毛の成長に欠かせないビタミンの減少」「皮脂の過剰分泌を招く自律神経の乱れ」「髪の毛の栄養が不足する肝臓の悪化」があります。

喫煙するだけで、こんなにも多く髪の毛に悪影響を与えるのです。喫煙しながらハゲの予防なんてとんでもありません。最初にやるべきことは禁煙かもしれませんね。

ハゲの兆候に気づけば、その分早めの予防ができます。常日頃、自分の髪の毛の状態、おでこの生え際の形、頭部全体のシルエットが、頭の中にインプットされていれば兆候に気づくことは容易です。

毎日、注意して自分の髪の毛を見ていると、かすかな変化を感じることができるようになります。家族や友人から指摘されて気づくのでは遅いのです。ハゲ予防の対策は早ければ早いほど効果がでるのです。

ハゲについての記事はこちらです。

参考にしてください。

ハゲを予防するには症状に応じた対策が必要

スポンサードリンク

   

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加