ハゲを防止するための対策

ハゲ 防止 対策

ハゲている人は、そんなにダメなのかと疑問に思うことが度々あります。若い女性たちは、ハゲているというだけでクスクス笑ったり、何の関係もないのに、あのハゲおやじなどと言ったりしているところを、見聞きしたことがある人は多いのではないでしょうか。

日本人のハゲに対する感覚は独特のものがあるようです。欧米人では、髪が薄いのを気にしているのは本人だけで、周囲の人たちがそれを見てどうのこうのは一切ないようです。

日本人がハゲに対して良い印象を持てないのは、大昔から、最上級のお詫びの方法が髪の毛を切って坊主になるという風習の影響があるのではないでしょうか。日本人のハゲに対する概念は長い歴史があり、すぐに払拭できるとは思えません。つい最近も、アイドルグループのメンバーがそれをやっています。

そうであれば、早急にハゲを防止するための対策を講じなければ、ハゲているというだけで、若い女性から敬遠され、モテません。さあ、何がなんでもハゲを克服しましょう。

スポンサードリンク

髪の毛に必要な3大栄養素

ご存じだと思いますが、髪の毛に必要な栄養素は、髪の毛の元をつくっている「タンパク質」。タンパク質を髪の毛に変える「亜鉛」 。頭皮環境を整え、髪の毛の成長を促進する「ビタミン」 。どれ一つ欠けても髪の毛は生成できません。

髪の毛の元をつくっている「タンパク質」

髪の毛の主成分はタンパク質で、カラチンが99%を占めています。健康な髪の毛を成長させるためには、絶対に欠かすことができない栄養素です。

タンパク質は、動物性と植物性があります。2種類のたんぱく質をバランスよく摂取することが一番いいのですが、薄毛やハゲのことを考えると、植物性タンパク質を摂るほうがいいでしょう。

動物性タンパク質を摂りすぎると、内臓の機能低下や血行不良などを招き、ハゲの原因になります。

1日に必要なタンパク質の摂取量

1日に必要なタンパク質の摂取量の目安は、スリムな人、太っている人、筋肉質の人などによって個人差がありますが、おおよその摂取量が出る計算式があります。

・運動が苦手な人、運動していない人の場合「体重×1.08」体重が60kgの場合は64.8g。
・定期的に運動している人の場合「体重×1.3」体重が60kgの場合は78g。
・ハードな運動をしている人の場合「体重×1.5」体重が60kgの場合は90g。
・アスリートなど筋肉質の人の場合「体重×2.0」体重が60kgの場合は120g。

ということになります。運動などで定期的に身体を動かしている人、身体を鍛え抜いている人ほど、多くのタンパク質が必要ということです。

ハゲ 防止 対策

タンパク質を髪の毛に変える「亜鉛」

ミネラルの一種である亜鉛は、かき(貝)に多く含まれていますが、それ以外に亜鉛を多く含んでいる食材はなかなか見当たりません。といっても、食事だけで1日の必要量を摂取することは困難です。 

亜鉛は、食事で摂ったタンパク質を髪の毛に変える働きがあり、不足すると抜け毛が増え、細く弱々しい髪の毛になり、成長できなくなります。 この場合、タンパク質を大量に摂取しても髪の毛にはならないのです。

このように、亜鉛を摂ることで得られる効果は大きく、髪の毛にとっては重要な栄養素です。亜鉛が不足しないように食事とサプリメントを併行して摂取するようにしましょう。

1日に必要な亜鉛の摂取量

亜鉛の1日の摂取量の目安は、成人男性の場合、18~29歳は11mg。30~49歳は12mg。50~69歳は11mg。平均すると11mgになります。成人女性の場合、18~29歳は9mg。30~49歳は11mg。50~69歳は10mg。平均すると10mgになります。

現代人は亜鉛が不足しやすく、消費しやすいと言われています。亜鉛が不足すると髪の毛にとっては致命的です。1日に必要な亜鉛の摂取量を知って、ハゲの予防に役立てましょう。

頭皮環境を整えるビタミンB2、B6

ビタミンB2は、皮脂の過剰分泌を抑制し、細胞分裂を活性化させ、髪の毛の成長を促す効果があります。

ビタミンB6は、タンパク質を髪の毛に変える働きを促進させ、髪の毛の成長を促します。このように、ビタミンB2、B6は、頭皮や髪の毛にとって欠かすことはできない栄養素なのです。

1日に必要なビタミンB2、B6の摂取量

ビタミンB2の1日の摂取量の目安は、18歳~29歳は16mg。30歳~49歳は16mg。50歳~69歳は15mgとなっています。ビタミンB6は、18歳~29歳は14mg。30歳~49歳は14mg。50歳~69歳は14mgとなっています。

ビタミンB2、B6は、頭皮や髪の毛にとって欠かせない栄養素ですから、不足しないように日ごろから摂取することを心がけてください。

ちなみに、ビタミンB2を多く含んでいる食材は、にんにく、まぐろ、酒かす、牛肉(レバー)など。ビタミンB6は、レバー(豚・牛・鶏)、うなぎ、納豆などです。

ハゲを防止するための対策をして、健康な髪の毛にするには、たっぷりの栄養を頭皮に送り届ける必要があります。そのためには、髪の毛に効果のある栄養をバランスよく摂ることが大切なのです。ただ、髪の毛にいいと言って、同じものを大量に食べても効果はありません。

食事の時間がバラバラで夕食も夜遅くなったりすると、逆効果になる恐れがあるので注意が必要です。また、食事だけでなく、睡眠時間や喫煙などの生活習慣を見直してみてはいかがですか。

ハゲについての記事はこちらです。

参考にしてください。

ハゲを予防するには栄養は欠かせない

スポンサードリンク

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加