ハゲを“予防”する対策は生活習慣の見直し

ハゲ 予防 改善

ハゲの“予防”をするためには、頭皮環境を整えることがすべてといっても過言ではありません。ハゲは、不規則な生活習慣、偏った食生活⇒血行不良や皮脂の過剰分泌⇒頭皮環境の悪化⇒抜け毛⇒薄毛⇒ハゲという行程をたどります。

ハゲの“予防”といいますが、ハゲというのは髪の毛が抜け落ちてしまった最終形に近い状態のことです。ハゲになるまでには、抜け毛が増え、薄毛が進行して生え際や頭頂部の髪の毛がほぼなくなり、ハゲの領域に入ります。

スポンサードリンク

ここで知ってほしいことは、ハゲの“予防”というのは、睡眠不足、偏った食生活、喫煙など、不規則な生活習慣を改めること で、頭皮環境が良くなり、抜け毛や薄毛を改善して健やかな髪の毛につながっていくということです。

つまり、ハゲを怖がるのではなく、健康的な生活習慣を強く意識することが抜け毛や薄毛を改善して、ハゲを予防することになるのです。また、日常使用しているシャンプーも大きな役割を担っています。 

もちろん、頭皮環境を整えることも、抜け毛や薄毛を改善することもハゲの“予防”ですが、後ろになればなるほど改善は困難になります。

ハゲを予防するための対策

頭皮や髪の毛にやさしいシャンプー剤の使用

ハゲを予防対策には頭皮や髪の毛にやさしく、頭皮環境を整えてくれるアミノ酸系シャンプーが最適です。アミノ酸系シャンプーの洗浄成分は「~ベタイン」「ココイル~」「ココアンホ~」と成分表の2番目に記載されているので、すぐにわかります。ちなみに、最初は水、です。

スポンサードリンク

規則的な生活習慣でハゲ予防

ハゲを“予防”する対策は生活習慣の見直し が、大きな効果を発揮することがわかっています。質の良い睡眠、軽い運動、紫外線の防御、ストレスの発散、喫煙など、日常生活に取り入れ、習慣化することで、ハゲの予防により効果を期待することができます。 

質の良い睡眠

髪の毛の成長に大きく貢献しているのが睡眠で、質の良い睡眠は成長ホルモン分泌させ、毛母細胞の分裂を促進させます。

髪の毛を成長させる毛母細胞が最も活発になる時間帯は22時~夜中の2時で、成長ホルモンの分泌がピークの時間帯が夜中の1時~2時と言われているので、就寝時間は21時が理想ですが、遅くとも24時には眠れるようにはしたいものです。

栄養バランスの良い食生活

髪の毛に必要な3大栄養素のたんぱく質、ミネラル(亜鉛)、ビタミン(B2、B6)は
もちろん、その他に、海藻類、鉄分、ビタミンE、緑黄色野菜などをバランスよく
ハゲ 予防 改善摂取することが、ハゲの予防につながっていきます。

紫外線の防御

ほとんどの人は外出の際、顔はきちんと紫外線対策をしていますが、頭皮の紫外線対策はは行われていないのが現状のようです。頭皮に直射日光を浴び続けると、頭皮が乾燥して抜け毛や薄毛の原因になってしまいます。

ストレスの発散

ストレスは血管を収縮させ、血行不良を起こします。血行が悪いと新鮮な酸素や栄養が頭皮のすみずみまで届かなくなり、毛根の栄養が不足するため髪の毛の生成ができなくなります。ストレスを発散するには、スポーツや趣味などに熱中する時間をつくることです。

予防というのは症状が出る前に行うものです。症状が出てから行うのは治療とか、改善というのではないでしょうか。その予防をきちんとやってさえいれば、将来、髪の毛の悩みとは一切無関係で暮らしていくことができるかもしれません。

ハゲについての記事はこちらです。

参考にしてください。

ハゲを防止するには生活習慣の改善が重要 

スポンサードリンク

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加