生え際が後退する原因

 

生え際 後退 原因

生え際が後退する原因はいろいろありますが、そのままにしておくと、進行は止まることはありません。生え際の後退をストップさせるには、原因を知ることが先決です。原因がわかると、その後の対応も素早くできるので、その分、効果も期待できるというものです。

スポンサードリンク

 

生え際が後退するおもな原因

男性ホルモンの増加

生え際の後退の原因として、まず、考えられるのが、男性ホルモンの増加です。この男性ホルモンの一種であるテストステロンが、「5α-リダクターゼ」という頭部に存在する酵素と結合してつくられるホルモンが「ジヒドロテストステロン(DHT)」というホルモンなのです。

その「ジヒドロテストステロン(DHT)」が、毛髪の毛乳頭細胞の受容体に結合すると、髪の毛の成長を阻害し、細くて弱い未成長のまま、抜け毛となってしまうのです。

こうなると、生え際の髪は、産毛のように薄くて短い毛ばかりが増え、見ただけでも生え際の後退は顕著で、頭皮も透けて見えるようになります。「ジヒドロテストステロン(DHT)」の影響を強く受けるのが前頭部なのです。そのため生え際から薄毛は進行していくのです。

頭皮の血行不良

もう一つの原因は、頭皮の血行不良が考えられます。髪毛が成長するためには、十分な栄養と酸素は不可欠です。そのためには、血液の流れがスムーズでなければ、髪の毛が成長するために必要な栄養と酸素が、頭部のすみずみまで行き渡らせることができません。

もし、血行が悪いと、毛髪に栄養と酸素が行き渡らないので、成長できなくなり、生え際の後退に拍車をかけることになります

スポンサードリンク

頭皮の血行に悪影響を及ぼすおもな要因

生え際の後退を進行させる頭皮の血行に、悪影響を及ぼす主な要因としては、喫煙、ストレス、高血圧、糖尿病などがあります。このような要因は、焦らず一つずつ、改善していきましょう。

血流を悪くする喫煙

喫煙は、生え際の後退を促進させる原因です。タバコに含まれるニコチンによって、毛細血管が収縮し、血流を悪くするためです。生え際の後退を感じたら、喫煙や飲酒はできるだけ控えるようにしましょう。

筋肉の収縮をさせる過度のストレス

自律神経のバランスを乱し、筋肉の収縮をさせる過度のストレスは、幅広い世代の男性の多くが習慣的に受けていることでしょう。ストレスを発散できるもの、たとえば、ウォーキングやジョギングなどの軽い運動してみてはいかがですか。

動脈硬化を進行させる脂肪分、塩分、油分の多い食事

動脈硬化を進行させる代表的な食事は、脂肪分、塩分、油分の多い食事です。この食習慣は、血管が硬くなり血行を悪くします。そうなると、頭皮への血流が悪くなり、結果として、生え際が後退しやすくなります。食習慣を根本から見直しましょう。

現時点では「ジヒドロテストステロン(DHT)」の働きをコントロールすることは困難ですが、血行不良は改善できます。まずは、脂っこい食事を避けるなどの食習慣を改善する必要があります。

また、禁煙の励行やストレスの発散ができるように、日常の生活を見直してみましょう。そして、十分な睡眠をとることも大切です。

このような生活習慣の改善と並行して「ジヒドロテストステロン(DHT)」の働きをコントロールできる育毛剤などで、育毛対策をすると、抜け毛や薄毛の改善ができたり、生え際の後退をストップさせることができる のではないでしょうか。

生え際後退の関連記事はこちらです。

ぜひ参考にしてください。

生え際の後退がやがてハゲになる

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加