生え際が後退していくとm字はげになる

生え際 後退 m字はげ

生え際が後退して薄毛になるのは、男性特有の症状で、改善するのが非常に困難とされています。生え際の髪は一度抜け始めると、他の部位より早い速度で抜けていき、最終的にはm字はげになってしまいます。

スポンサードリンク

 

生え際の改善が難しい理由

なぜ、生え際の周辺は抜け毛の進行が早く、改善が難しいのでしょうか。

男性の薄毛、抜け毛の原因のなかで最も多いのが、ジヒドロテストステロン(DHT)です。このジヒドロテストステロンにより、薄毛、抜け毛が進行していきます。そのままにしておくと、その勢いは加速し、m字はげの様相を呈してくるのです。

生え際は、薄毛、抜け毛の原因である男性ホルモンの影響を受けやすい部位でもあります。毛根にある5αリダクターゼという酵素とホルモンが結合し、細胞を破壊してしまうジヒドロテストステロン(DHT)という物質に変わります。

生え際の周辺は5αリダクターゼという酵素が多く、そのため、ジヒドロテストステロン(DHT)が多く生成されるのです。

また、毛細血管が少なく髪の毛に栄養を送り届けることができません。それによって、ますます生え際が後退していきます。さらに、生え際(額)は、汗が多く、皮脂分泌が活発な場所なので、育毛剤の効果はあまり期待はできません。

それから、生え際はおでこに近く、頭皮が硬くなりやすい部位です。頭皮が硬くなってしまうと血行不良になります。そうすると、髪の毛も栄養不足になり、成長が止まってしまうため、生え際は増々後退し、m字はげへと進行していくのです。

 

スポンサードリンク

 

m字はげになる原因

生え際の後退が進行していくとm字はげになる。このパターンは典型的なAGA(男性型脱毛症)の症状と言われています。どうして、m字はげになるのでしょうか。発生の理由を考えてみましょう。

ストレスによる頭皮の硬化

まず最初に考えられるのが「ストレスによる頭皮の硬化」です。頭皮が硬くなると血管が委縮して、血行が悪くなります。そうなると、髪の毛に栄養が行き渡らないの生え際 後退 m字はげで、髪はしだいに細く、弱くなり、とうとう抜けてしまいます。

喫煙

二番目は「喫煙」です。喫煙すると血管が収縮し血流が悪くなります。そのため、血液は髪の毛に栄養を届けることができなくなります。それを続けていると、髪の成長が止まり、徐々に抜けていきます。あとは、m字はげが待っています。

皮脂の過剰分泌

もう一つ、「皮脂の過剰分泌」があります。頭皮の毛穴からは必要な量の皮脂が分泌され、頭皮の状態を維持しています。しかし、皮脂の分泌が異常に多くなると、余分な皮脂の汚れやホコリが毛穴に詰まり、老廃物の排出ができなくなります。

このことが生え際の髪の毛を弱くし、後退させるのです。この「ストレス」「喫煙」「皮脂の過剰分泌」が複雑に絡んで、m字はげの原因になっているのです。

生え際が後退してきても、焦らず落ち着いて自分のはげがm字はげかどうか、チェックしてみましょう。抜けた髪の毛が極端に細くなっていたり、髪の毛の根っこが黒いままになっていた場合は、m字はげを疑いましょう。AGAは早いタイミングで治療した人は回復する可能性が高いのです。

AGA治療についての詳しい記事はこちらにもあります。

ぜひ参考にしてください。

生え際の後退に効果的な治療薬

スポンサードリンク

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加