生え際の後退に効果的な治療薬

生え際 後退 治療薬 

生え際が後退していくパターンの薄毛は、男性たちが最も多く悩んでいます。この薄毛タイプは手の施しようがありません。正面からが特に目立つので、他人の目もそこへ集中してしまいます。髪型を変えようとしても、納得できるような形にはなりません。

スポンサードリンク

 

生え際の後退を止めるための治療薬

生え際が後退していく薄毛には、どんな成分が効果的なのでしょうか。誰もが一度は耳にしたことがある成分ばかりだと思いますが、それらの特徴や副作用の有無を、もう一度見直して、育毛に役立ててください。     

《ミノキシジルの効果》

生え際の後退を止めるための処方で最も多いのが、育毛に効果的な成分が配合されている育毛剤で、髪が成長できる環境をつくることです。この成分でよく知られているのがミノキシジルではないでしょうか。

ミノキシジルは、製薬会社のファイバー(開発当時の社名はアップション)が開発した、血管を広げる作用があった経口薬が、脱毛症にも効果があることが判り、1980年代に脱毛症の治療薬として、2%ミノキシジル「ロゲイン」の販売をしました。しかし、内服液には副作用があったために、頭部の薄い部分に塗布する外用薬として販生え際 後退 治療薬売されました。

《ミノキシジルの副作用》

ミノキシジルには、副作用があると言われています。最も多い副作用として、頭皮のかゆみがあります。さらに、頭皮の炎症や湿疹、脂漏性皮膚炎などの症状も副作用として確認されています。

これ以外の副作用として、眠気、倦怠感、頭痛、体重増加、むくみ、などの症状が出る可能性があります。ただし、すべての副作用が「ミノキシジルが原因」という確証があるわけではないので、あまり過敏になる必要はありません。

《フィンペシアとプロペシアの違い》

脱毛に効果があるとして、多くの人に選ばれているのがフィンペシアです。これは同じ成分、同じ効果でありながら、大きな価格差があるというのが最大の理由でしょう。フィンペシアとプロペシアは同じ成分ということなのに、どこに違いがあるのでしょうか。

プロペシアは、アメリカのメーカーが特許を持っていて、アメリカ以外の国で製造されているものは、すべてジェネリック医薬品になります。

フィンペシアはインドで製造されていて、プロペシアとはほとんど同じですが、強いて挙げれば、製造工程とコーティング剤が違うだけです。それでも、インドは医療先進国なので、フィンペシアがプロペシアと比べて劣悪品ということは決してありません。

フィンペシアとプロペシアは、男性ホルモンを抑制する作用があります。生え際の髪の成長を促し、薄くて細い髪が太くてコシのある髪に変わっていきます。AGA治療薬の中で生え際の効果としはフィンペシアが最適です。

 

スポンサードリンク

 

《フィンペシアの副作用》

報告されているフィンペシアの副作用には、性欲減退や眠気、頭痛、腹痛、胃の不快感、下痢、かゆみやじんましん、頻尿などが挙げられていますが、これらの副作用は、通常、軽症で終わることがほとんどと言われています。

このような症状も、服用を中止すれば副作用はなくなります。ですから、持病を持っている人や副作用が心配な人は、事前に医師の診察を受け、服用したほうがいいでしょう。

《フィナステリドの効果》

フィナステリドはAGA(男性型脱毛症)、特に額の生え際に効果があると言われている成分です。生え際対策では実績を誇るプロペシアと、プロペシアのジェネリック医薬品のフィンペシアに含まれています。

フィナステリドは男性ホルモンに作用し、髪の毛の成長を促進させることで太くてしっかりした髪をつくります。頭頂に効果的なミノキシジルに対し、フィナステリドは生え際対策に効果的だと言われています。

《フィナステリドの副作用》

フィナステリドには、副作用があると言われていますが、健康な人には問題ありませんが、持病があったり、体力が落ちていたり、体調面で不安がある人は医師に相談して使用を開始したほうがいいでしょう。

フィナステリドの働きは男性ホルモンの抑制ですから、男性機能の低下が考えられます。性欲の減退、勃起不全、精子の減少、睾丸の痛み、などです。この中でも特に多いのが性欲の減退で、1~2%の人が感じているようですが、気にするまでもない程度です。

その次に多いのが胃の不快感や頭痛、腹痛、下痢などの体調不良ですが、これらもすべて軽症で終わるので安心してください。

AGA治療についての詳しい記事はこちらにもあります。

ぜひ参考にしてください。

銀クリagaの効果で髪の毛が生えた!【写真あり】

スポンサードリンク

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加