生え際のかゆみの原因

生え際 かゆい 原因

この頃、生え際がかゆいと気になっている人は要注意です。単なるかゆみであれば何の問題もありませんが、生え際のかゆみは、抜け毛や薄毛、最悪の場合は、ハゲに直結する可能性を含んでいるのです。

スポンサードリンク

生え際のかゆみの原因と対策

皮脂の過剰分泌

生え際のかゆみで考えられる原因は、皮脂の過剰分泌。これを聞くと、すぐに脂っぽいものの食べ過ぎが頭に浮かぶかもしれませんが、実は糖質の過剰摂取のほうが皮脂の分泌を増加させてしまうのです。炭水化物やお菓子、ジュースなどがそうです。

また、睡眠不足など不規則な生活過度のストレス偏った食生活は、すべて頭皮の健康に悪影響を及ぼします。できるだけストレスをためないように、ウォーキンブやジョギング、また、気楽に続けられそうな趣味を持つようにしましょう。そして、栄養バランスのよい食事を習慣づけるようにしましょう。

肌の洗いすぎも皮脂の過剰分泌を促進させます。毛穴やニキビなどの肌トラブルがあ生え際 かゆい 原因ると、ついゴシゴシとこすってしまいがちです。そのため肌が乾燥し、皮脂の過剰分泌を招いてしまうのです。

洗顔料やシャンプーのすすぎ残し

それから、洗顔料やシャンプーのすすぎ残しがあります。生え際というのは洗顔料やシャンプーが流しきれず、残ったままになりやすい部位なのです。すすぎ残しがないように丁寧にすすぐように心がければ、すすぎ残しのかゆみは解消できます。

生え際の乾燥

もう一つは、生え際が乾燥すると、かゆみを生ずることがあります。原因としては洗浄力の強い洗顔料やシャンプーの使用が考えられます。生え際のかゆみが気になる人は、余分な汚れはきちんと落とし、刺激が少ないアミノ酸系シャンプーが最適です。

皮脂の過剰分泌を抑制するビタミンCとグリコール酸

皮脂の過剰分泌を抑制するために、効果的だと言われているのがビタミンCとグリコール酸です。この二つの成分には、皮脂の分泌を抑制する作用があり、毛穴やニキビのトラブルに使用されています。

スポンサードリンク

 

 

ビタミンCは、肌トラブルすべてにおいて効果があることはご存じかと思いますが、皮脂の分泌をコントロールする働きも持っているのです。

ビタミンC誘導体が配合されている化粧水、ビタミンC美容液などのスキンケア商品も数多くありますが、水溶性ビタミンC誘導体の「即効性」と油溶性ビタミンC誘導体の「浸透力」を併せ持つ、高浸透型ビタミンC誘導体、いわゆるAPPSというタイプのビタミンC誘導体が、最も効果があるので、使用する場合はAPPS配合のビタミンCコスメを選びましょう。

グリコール酸は、ターンオーバーを促進するピーリング剤によく使われている成分ですが、皮脂の分泌を制御する働きもあるのです。

グリコール酸でピーリングをすると、毛穴の詰まりを防ぎ、同時に、皮脂腺を縮小させ、皮脂の過剰分泌を制御することができます。皮脂の分泌を制御する成分としては、グリコール酸以上の成分はないということです。

生え際がかゆくなると「もしかして、はげの前兆?」悩み始める人も少なくありません。すぐに思い浮かべるのはAGA(男性型脱毛症)ですが、専門医の治療を受けることで、生え際の後退をくい止めることができます。それと同時に、食事や睡眠などすべての生活習慣を見直すことが大切です。

生え際後退の関連記事はこちらです。

ぜひ参考にしてください。

 生え際が後退していくとm字はげになる

スポンサードリンク

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加